« バーゲンバーゲンバーゲン | トップページ | アニメ「かなめも」ファッション »

2010年2月 7日 (日曜日)

大学生就職率低下の理由

大学生の就職率が不景気のおり企業の採用減で下がっていると言うけど、企業の求める「大学生」は競争を勝ち抜いてきた人で、最近の少子化や大学経営難による受験の簡略化(とりあえず学費を払ってくれるならレベルは問わない)や、半数以上(場合によっては7割程)推薦や意味不明な一芸で勉強無しに入学していく「大学生みたいなもの」がその求める最低基準に達していないから採用しなかった可能性はないのだろうか?

つまり現代の大学生は我々の思うクラスの中でもできる子の中でさらに選ばれた生徒、ではなく誰でも希望さえすればとりあえず「大学」名の付く箱に席を置ける「ほぼ大学全入」なので。

そんな事情なら企業はこれから○卒で初任給に差を付けることに意味がなく(大卒に価値はないから)高校卒業後「何を学び何を経験」したか見抜く能力を高めて、低下する大学レベルに引きずられて企業レベルまで下げる危険を避けたのだと思います。

大学進学率が50%を超えた今、大学生の皆さん貴方達の価値はご両親が言うようなプレミアや特急券ではありません。正直だれでも「大学生」を語ることはできるのです簡単です。

まぁ私もウン年前一番大学受験が厳しい時代(受験者多く大学数も少なかった)に受かったのに、新卒の就職がバブル後で大変だった愚痴もあるのですがね。

|

« バーゲンバーゲンバーゲン | トップページ | アニメ「かなめも」ファッション »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47333/47503745

この記事へのトラックバック一覧です: 大学生就職率低下の理由:

« バーゲンバーゲンバーゲン | トップページ | アニメ「かなめも」ファッション »