« 巨人首位打者封じの2死球も虚しく惨敗  中日9連勝 | トップページ | 政権交代で老害排除 »

2009年8月 3日 (月曜日)

劇場アニメ:サマーウォーズ感想(バレ無し)

平成版日テレ系デジタルモンスターここに見参!!って感じかな。

時をかける少女をネットの話題性で見たが、今イチ理解できず取り残されポツ〜ンな一般人も。

監督の源流である、アニメのデジモン(デジタルモンスター)好きだが「時をかける少女」の叙情に馴染めなかったアニメオタクも。

今回は安心して下さい「草食系男子が長野を舞台に、美少女と(その巨大な親族と)共にデジタル戦争で強大な敵と戦うアクションに次ぐアクション格闘に次ぐ格闘、愛は地球を救うby日テレ、そして心と心がつながり加えてツンデレ」で単純明快ですから。

または、 おばあちゃんの凛々しさに興奮し、最近マスコミが女子ばかり持ち上げて、肩身の狭い男の子(大人を含む)の爽快な(デジタル的)戦いっぷりを楽しむでもOK。

個人的には強欲なスポンサーと細田監督の(色々な)戦いが、ウォーズなのかもしれないが、日テレも「愛は地球を救うテイスト」以外はゴリ押しも無かったし、細田監督も日テレを上手く利用して、平成版日テレ系デジモンの究極体を発表できてめでたしです。

唯一の汚点は夏希の意味不明な入浴シーンですね、何か一部の制作者が一部の視聴者だけに向けた気持の悪いメッセージのようでヘドが出ます。是非ブルーレイ版ではカットして欲しい

中には監督が商業主義に負けてキャラクター商法に出たとか、話題性だけで見た「時をかける少女」に傾倒し過ぎた方々が、何で今回ネットだのアバターだの情緒の欠片も無い内容なのですか?などと、アニメ「デジタル」モンスターで出世した監督の得意分野を根こそぎ否定する無知な方も多いようで残念。

とりあえずデジモン好きだった方には、久々にあの頃の感覚が蘇るようで中々感慨深い2時間になるはず。

当然、これのみ見ても電脳田舎痛快娯楽活劇として楽しめるけど、「時かけ」のみの狭い見識のファンみたいな人は来なくていいわ。

※夏希の田舎の女子高生っぽい、白いワンピースやチェックのミニスカートにポロシャツなどのファッションも良かった、当然アバターの袴も萌え要素だったけど、ミニスカ&ポロシャツはツボでした。

|

« 巨人首位打者封じの2死球も虚しく惨敗  中日9連勝 | トップページ | 政権交代で老害排除 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47333/45828488

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場アニメ:サマーウォーズ感想(バレ無し):

« 巨人首位打者封じの2死球も虚しく惨敗  中日9連勝 | トップページ | 政権交代で老害排除 »