« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月12日 (日曜日)

映画トウキョウソナタ感想

映画トウキョウソナタ感想です。

井川遥のピアノ教師って男の妄想だよね、俺もこんな先生に手取り足取り○振って色々教えてもらいたいもの。これはキャスティングというよりただの男(監督)のしがないオナニーチョイスだよ。

あと小泉今日子はこのメンツの中に入るとさすがに演技がキツいです。「グーグーだって何とか」とか言う猫ニャン映画が相応だと感じました。

そして役所広司の株価が俺的にストップ安です。最近の色んな映画の彼の扱いは酷いです。なんだか脚本と全く関係ない配役で無理くり出演させられて「役所広司の出てる映画」としてプロモーションされる例が多過ぎでこの映画もその類いと感じました。

きっとこれに出ている役所広司はガイアの夜明けで出てくる分身役所広司だと思いたいです。

内容はラストで伏線は回収しません「投げっぱなしジャーマン」です。正直後半に入って劇場出て行く人もそこそこいました。私も年何本も映画を見るので確率的にこんな回もあるかもねと自分を納得させてなんとかラストまで気合いで見てやりました。でも口から無意識に「金返せ」と言ってしまいました。

最初てっきり新人監督が、こういう家族ネタで崩壊ネタやって「俺っちもこんな格好よく作っっちゃいました」のような、人のやり方をぱくりまくった可哀想な才能の持ち主かと思ったら、結構なベテランで残念でした。

でもたいして代表作もなく、聞いた事あるのが学校の会談・花子さんだけだったので、そのレベルの人なのでしょうね。本当1000円デーでも残念な投げっぱなし作品で、クソでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »