« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月29日 (日曜日)

テレパシー少女蘭2話感想

テレパシー少女蘭2話「蘭、走る!〜ねらわれた街〜」感想

☆落雷による放電現象も捨てきれない
さすが阪口大助キャラ分析と冷静なツッコミはお手の物で、しかし、クラスも先生もこれだけのポルターガイスト見て冷静過ぎるだろ(^_^);;

☆転校生にいきなりビンタ
平民達にはテレパス聞こえない訳で、美少女転校生をいじめたキレ易い中学生決定。

☆見た目程不器用でない
この時翠はどちらかと言うと嬉しそうだった気がする。

☆み、見えるよ答えが!?
セ、セブンセンシズ、ってか1問目だけ答えが2つってずいぶんなひっかけ問題ですね。最初は翠がわざとテレパスで回答を蘭に送り込んだかと思ったけど考え過ぎかな?

☆女の友情は儚く
あぁ冴子がバツたまにキャラチェンジ(T_T);;冴子と言うとどうしてもモッコリとか冴羽 獠なイメージが。

☆き、聞こえるよ声が!?
こういう場合女子の心の内の方が外面とのギャップが大きくて怖いわな、世の中知らないことが幸せだったり。

☆ルイは例外
ルイの心は聞こえないし、ルイに触れられて雑テレパスも消えた、これから彼の役割は重要なのかも。

☆先生らしくない、だがそれがいい
先生らしくないと褒め?られてあぅ〜って感じの顔がいいです。でも生徒のことを新米ながら想う空回り感も素敵

☆特別な力楽しんでる?
翠は屋上より上から目線、対し蘭は地べたと現在の力関係図ですね。翠は蘭の力を解放したいのか同族嫌悪なのかまだ不明。

☆送信機と受信機
なるほど理解したぞよ翠さんナイス解説、つまり翠と蘭はイレギュラーではなくスペシャルな訳ね。

☆美術室にて
困った時ほどよく笑う蘭を知るルイなら既に察しているのでしょう。と言うか2人の後ろの赤いオブジェは皆と違って特別な蘭のテレパスの暗示かいな?あ〜あとこの展開がR-18だったら「ルイ、抱きしめてっ」とかになるかも。

☆ルイが○○なこと考えてたら
健全な男子中学生にこんな元気で可愛い幼なじみがいたらねぇ、あ〜んなことこ〜んなことの1つや2つ妄想しててない方が変だろ。でR−18だったら以下省略(^_^);;

☆蘭のカバンに
紀章、いやもとい起承と転結のストラップが付いてる。NHK結構芸が細かいな。

☆フミになめられる蘭
以下省略。

☆女の恨みは奥深く
冴子がバツたまからバツキャラへとキャラチェンジ寸前です。このアニメも闇に食われた心が事件のカギなの?

☆磯崎家の思考
全員いいひと過ぎて笑える、と言うか両親はちょっと変だわ。でもこれで全国3000万の視聴者の漬け物業者とホラー作家イメージが15%上がったな。

☆紀章と転結
猫はいいねぇ、猫はリリンが生み出した文化の極みだよ。俺どっちかと言うと転結派かな。

☆蘭は蘭だ
惚れたよルイ、俺が女だったらもぅあげちゃうよ(^_^);;、解った風でも突き放すでもなく、蘭の全体像を理解でなく包み込むような存在、最近気が付けばそばに居る「癒し系(死語)男子幼馴染み」キャラ増えた気がする。

☆ルイの声は聞こえない
今回は随分この「聞こえない」トコを強調して繰り返していたが、次週からのカギになるのかな?

☆蘭からほと走る光
蘭の秘めたる力なんでしょうか?フミは連続事件の主犯なのか?テレパスは人を操れる?伏線は一気にバラまかれました。

☆仮面の人物
ワザと髪型等を見せて視聴者に考えてもらう作戦なのか、確かに髪は翠でないし、誰もあれが人間とも言えず、超展開で恨みや想いが紡ぎだした怪物って線も今なら使えるし、でも今のとこ翠が怪しいか。

☆他にも能力者がいる
現時点ならルイなんでしょ、無理くり考え合わせれば、蘭が攻撃でルイが守りみたいな。あ、でも違うなルイは蘭の力の発動を抑える役目止まりだし。

☆蘭と翠
蘭は教室では感情的になり翠とテレパスでけんかしてたけど、土手での対決は、翠はテレパス会話だが蘭は口で話す形で、蘭はテレパシーを遣わない点がポイントなんでしょう。

☆何であんな顔したんだろ?
そりゃあんたにはイケメン理解者がいるからでしょ(^_^);;テレパシーモンスターでなくともやっかむわ普通。

☆お兄ちゃんは推理オタク?
「意識を操る」キーワードいただきましたっ!、やはりテレパシーで操っているのか?その目的は?複数犯?まだまだ全然解ってないけど、きっと来週以降たこやきたっくんが解決してくれるんでしょう.

☆ルイの絵
幼なじみを描くって、ちょっとキモいかもルイルイ

☆ルイが消えた
電話より先に感知した蘭の反応からすると、やはりルイも能力者の可能性大ですね。そして2話まるまる使って蘭にとってのルイの重要性を振りまいた上での誘拐、蘭の覚醒への引き金か、はたまた翠の単なる嫉妬だったりしても面白いけど、やっぱり最後はたこやきたっくんがなんとか以下省略。

☆次回予告
「I can fly しちゃうんだからっ」に萌える方に240リラ

○今週のMVP
最後でネタふりご苦労なお兄ちゃん、磯崎家の生活をしきっているかのような料理っぷり、新聞社からの情報リーク手腕、きっと怪事件は推理ホラー作家の玲奈さんと兄さんが解決してくれるに違いない。

○今週の個人賞
大原桃子先生、いいねあのもっさりたばね髪とメガネは、きっと全国1215万の女教師メガネフェチに賛同を得ることができると想う。自分の新米っぷりを理解しながら不器用に頑張るところもポイント追加だ。


2話目なのでまだまだネタフリや伏線段階だけど、テレパシーを持つことの苦悩や問題、それをファンタジーでない日常での折り合いの付け方、またその逆の事件性など色々詰め込んだけど、とりあえず解ったのは翠にテレパシーで1度いじめられてみてーってことか(^_^);;

細かいとこだと犬に人間がテレパスできんの?とか蘭はフミの心は読めなかったよね?とか、やっぱあの仮面はなんやねんとか、なんで蘭もお兄ちゃんも家で学生服なのとか?桃子先生いいよ桃子とか、色々あります。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年6月22日 (日曜日)

テレパシー少女蘭1話感想

テレパシー少女蘭1話「蘭、テレパシー! 〜ねらわれた街〜」感想

☆オープニング
さすがNHKだけにちゃんと間に合ってて、しかも動きますね(^_^);;
Charaの歌は最初は何か合って無い気がしたけど、演出が頑張って併せたのかパステルチックな絵柄が気に入ったのか次第に無問題に、個人的にはファッションが最近のアニメにしては頑張っているかと、どこぞのチルドレンの壊滅的なダサさを見てるだけに。

☆バイオリンの少女
この曲何て言うのだっけ?、アニメでバイオリンとくると良く聞く曲ですね。

☆蘭は陸上部
スポーツ少女モノは個人的にツボです。バンブーブレードもはまったし、7/28からアニマックスで再放送される、プリンセスナイン如月高校女子野球部もお勧めです(^_^)

☆リボンを結んだ中学生
ありそうでなさそうな制服、これだけ派手なリボンはないかな、でも民放の萌えアニメ的な違和感はなし。

☆イケてるルイ
ルイと言えば山田ルイ53世とひぐち君の髭男爵と言いたい所だが、個人的にはルイ(ルイ)と言えば大川陽介

☆獣になめ回される蘭に興奮するルイ
この若さでそんな偏った癖があるなんて(^_^);;

☆蘭は相変わらず勘が鋭いな
これが伏線なんですね、ベタな幼なじみだけど、こういう知り尽くした感はいいねぇ。

☆IT土方は残業地獄
日本の縮図

☆火炎放射だ〜○撃だ〜
ライターであの火力とさらに爆発まで至る因果関係を誰か説明してくれ

☆蘭の家
どこのリカちゃんハウス白亜の家ですか(^_^);;

☆起承と転結
疑似レズ女性声優が大嫌いなきーやんなのか!?谷山なのか!?
魔法ではなくテレパシー少女にもペットは必須か、5話辺りで蘭と会話する方に100ペセタ

☆織田裕二の出番が
キター、最近母親が作家とか芸術家のパターン増えたよね。でもこの仕事ならテレパシー少女に理解があっても納得できる伏線か?

☆タコヤキたっくん
12回裏のサヨナラツーベースはイケてた巨人の木村たっくん、俺はドラゴンズファンだけどね(^_^);;

☆気のせいじゃないわ
このノリツッコミまさに漫才、新ジャンルとしてテレパシー漫才サイコキネシスつっこみとかやれば。

☆ルイには隠し事できないね
伏線の答え、でもその鋭さと言うかう深さはルイの方が勘がいいのかも。

☆声が聞こえるのって前にもあった
ってルイが知ってて蘭は覚えてなかったの?、つまり生まれながらにテレパシー持ちだったのか!?

☆蘭は感じられないモノを感じる
感じ易いのね(^_^);;

☆スクランブル交差点で
時間が止まるとアニメ「時をかける少女」のあのシーンを思い出します。ちなみに7/19(土)に再放送決定

☆話しかけてきたあの娘
どうしてもロングで暗めで能力遣いだと電脳コイルの勇子を思い出してしまう。

☆遅刻ちこく
どうしてルイ君がいながら、食パン曲がり角フラグがないんですか、あぁもぅデキてるからですかそうですか。

☆大原桃子先生とシオンノーレ
いかにもキャラ説明っぽい会話は別として、シオンノーレって?、これも伏線なの??、この先生も民放萌えアニメと違ってリアリティがあるというか、変にオタクに媚びた巨乳だったりしなくて安心です。

☆メガネキャラは
阪口大助ですね、声で解ると言うかこの声一本でこれだけ活躍する人もなかなかいない。

☆翠は両親と別居
やはりテレパシーの性で拒否された口なのだろうか?、この声は聞き直すと植田佳奈とすぐ解る。

☆友達バカバカしい、くだらない
とんだツンデレです、そうか!口では嫌いと言っておきながら同時にテレパシーでは大好きと、一人時間差テレパシーdeツンデレの新ジャンルを開拓するんですね(^_^);;

☆エンピツ攻撃
だめだ!、AT-Xでエルフェンリート見始めたばかりだから、念力エンピツはトラウマだわ。体を突き抜けそうで。

☆首筋に何か刺さったいみたい
誰かバビル・・・もといチルドレン呼んできて〜、タグか!?、タグが埋め込まれているのかルイルイ、それとも生体チップか。

☆まだ本当の力を
ライバルにそそのかされて、主役の秘めたる力解放せり王道ですが、いまは暴走気味?つまりルイルイが制御役のデンスケなんですね。

☆口で言いなさいよ!!
サイコキネシスでなく手でやりかえす辺りが蘭の能力の未開花と、まだ翠のゾーンには引き込まれていない感じが良く出ていていいですね。翠は勇子というより舞乙HIMEのナツキっぽい。

☆エンディング
メジャーと言いこの時間帯のEDは走って手抜きが慣例なんだろうか?、歌もメジャーで聞いたような特徴のないもので、バタードッグス?とかそんな名前のバンドがメジャーのEDで歌ってたのと同じ、特に感想なし。

☆次回予告
テレパシーって何?、って志村ー!後ろー!!と同じだよな。翠がどれだけ地球を壊すか期待(^_^);;

さすがにメジャーや電脳コイルの時程の興味や興奮は無かったけど、思いのほか楽しめた。これから蘭が翠の側に引き込まれ電脳コイルになるのか、逆に翠が蘭に触れて素直になるのか、はたまた意気投合して美少女中学生探偵になるのか、ぢゃっぢゃ〜んとか女の子はエレガントにとか言うのか、ザ・チルドレンと異種格闘技戦はあるのか楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火曜日)

世界の中日で、愛をさけぶ

ドラゴンズを去った選手は良く働く気がするのは私だけでは無いとは思うが、今日はまさにそんな日でした。

まず楽天vs阪神では元中日のドミンゴが先発し、2対2の同点から楽天は元中日の山崎が勝ち越しタイムリー、その裏元中日の小山を抑えとして登板させれば、阪神は元中日代打の切り札の高橋光信が逆転二塁打!。

なんですかこの「ドラゴンズ紅白試合」は(^_^);;

さらに言えば西武vs中日では同点の9回裏に去年まで中日にいた中継ぎ岡本が、近鉄から来た中村ノリにサヨナラHRと、ただでさえ森野と谷繁と井端とあと打率が2割ちょいの困った外人(^_^);;のいない薄味ドラゴンズ打線が、霞んで見えた移籍組大活躍??試合に少し困惑気味なドラファンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »