« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月 4日 (日曜日)

やっとかめ探偵団5話感想

名古屋人の名古屋人による名古屋人のアニメやっとかめ探偵団5話感想です。

内容のとても濃い4、5話でした。浪川ばあちゃんの名にかけた金田一並の推理、はぐれ刑事並みの哀愁など、ただ名古屋弁アニメだから見とった自分がちょっと恥ずかしくなるような良い脚本でした。

ネタが児童虐待であることもリアリティを増して「子供は親しか頼れん」や「子供の笑顔を守ったるのは大人の勤めだでよぉ」等浪川のおばあちゃんの台詞も重かった。

推理もトラックの泥、害者の父の言動、猫のフリンの話からあそこまで導きたすのはかなり凄いわ、今回も鷺谷刑事が全面協力してくれたおかげもあるけどね(^_^);;

毎度毎度の後藤邑子ことゴトゥーザ様ネタですが、今回は名古屋弁でも言葉尻の変化でなく、標準語なのに語尾の発音が違う言葉に注目!!

「どういうこと?」の発音がこの地域では「どういうことぉ?」で「ことぉ」が伸びて高くなるだけの、ちょっとした名古屋弁と言うより名古屋発音なのですが、今回もゴトゥーザ様完璧でした(^_^)
※尚、この発音が名古屋弁独特かどうかは私の勝手な思い込みかもしれません。

終盤にかけての謎解き、浪川おばあちゃんのカマかけや誘導尋問はまるでドラマみたいで、自首を促した先に無言で刑事がまっていたり、自首したおじいさんがワッパを刑事に希望した時に「自首されるんでしょ」とそれを拒否する夕暮れにはくれ刑事も真っ青の哀愁を感じたね。

やっとかめ探偵団、ただの名古屋弁アニメかと思っていたけど、これでなかなか深い話もあるようで1クールらしいけど、こんごに大期待です(^_^)

◎人気ブログランキング参加中◎ばっちゃんの名にかけて


| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっとかめ探偵団4話感想

名古屋人の名古屋人による名古屋人のアニメやっとかめ探偵団4話感想です。

今回はマイマイ探偵団大活躍の内容で、多少先走り捜査もあったがなかなかの活躍ぶり、また後藤邑子ことゴトゥーザ様の台詞も多くファンにはたまらない回だったことでしょう。

話の中で舞ちゃんが姉さん女房はあって、兄さん旦那がないのはヘンだとありましたが、確かにおかしな話ですね。

まぁいやな大人の説明してしまえば男女同権でなかった頃の薄い偏見ともいえますが(^_^);;

しかしゴトゥーザ様の名古屋弁は本当にネイティブですね、だいだい地元の言葉だとちょっと言葉尻の聞こえに違和感があっても気になるのに、あまりに馴染み過ぎておそがい位です。

今回も新しい名古屋ン声優が登場し、私が1話の感想で予想した間島淳司が町の警官役で、チンピラ役に平松広和を起用していました。

正直間島淳司は準レギュラー位かと思っていたけど、案外細かい役で、さすが名古屋ン声優大集合ともなると間島淳司クラスでもこんな感じなんですね。

若手の名古屋ン声優も結構でるということは神田朱未戸松遥、あたりもあながち夢ではないかも。戸田恵子は無理だと思うけど(^_^);;

平松広和はウィキで初めて知ったのですが、講師的な仕事が多いので声優は少ない中の出演でこれまたレアな上、詳細を見たら「らき☆すたのこなたの父、泉そうじろう」であり「重戦機エルガイムのダバ・マイロード」だったことに驚いた(^_^);;

4話は5話への続きモノですので児童虐待の解決編は次回へ、あ、そういえば前回のエロカッコイイおばあちゃんに続いてランニングばあちゃんが新たに加わりましたね。今後犯人追いかけとか体力担当になるのかな。

いつもの「どえりゃあことに」のたまねぎおばあちゃんの潜入捜査も本格的だったけど、鷺谷刑事が捜査内容をばらしすきと言うか、浪川さんがまるで上司のような報告っぷりはやっぱり変ですね。

◎人気ブログランキング参加中◎こなたの父はダバ・マイロード(^_^);;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木曜日)

完全リレーだ53年ぶり日本一!!

中日ドラゴンズ53年ぶりの日本一です。正直あまり昔過ぎてこんな時どんな顔して喜べばいいのか解らない、まるで綾波レイ的気分と申しましょうか(意味不明)

何といっても今日はパーフェクト投手を引きずり下ろした落合監督、ではなく8回完全投球の山井でしょ。

スライダーが面白いようにきまり抑え込む姿は、3年前のシリーズで突然現れあれよという間に勝ちを拾ったあの試合を思い出します。

9回の交代は私は今冷静に考えると妥当だと思います。今までも山本昌をひっぱりすぎて逆転負けしたシリーズもあり、そのた諸々「情にほだされ」失敗したケースが多々あったので、多少記録面から見ると残念ですが、岩瀬も3人切りで継投完全試合なので良しとしましょう(^_^)

インタビューでノリさん泣いてましたね、今年の初めに誰が彼のこんな姿を思い描いたでしょう。まさに絵に描いたようなどん底からの這い上がりでした。

去年ガチガチでなにもできなかった1、2番特に1番荒木はよく走りました。正直ノリさんとMVP争ったのではないかと思います。

川上も中田も朝倉も小笠原もがんばりました、特に私は川上より第2戦の中田のねじふせる豪球に感心感動しドラゴンズ投手陣の凄さをファンながら再認識した次第。

そして打つ方では森野でしょう、銭ゲバ福留の穴を埋め、外野守りながら、ノリさんサードが怪我すればそこへ入り、荒木が不調と言えばセカンドへ入り、それぞれそつなくこなして3ラン打ちまくる訳ですから、銭ゲバはFAしたいってんなら勝手に売り飛ばして、その金の半分は森野にあげてもいいと思う。

最後に4シーズンで3度も日本シリーズをファンに見せてくれた落合監督、最初は何がんがえているのか解らない采配もあったけど、今となってはこれがオレ竜、ドラゴンズの形だと胸をはって言えます。

噂では「クレクレ病のジャイアンツ」が落合だっていちようOBなんだから、次期監督みたいなアホな話もききますが、こんなハードは練習を課す監督に甘ちゃん巨人の選手はついてこれんと思うな(^_^);;

おまけでイ・ビョンギュは1年目は韓国の選手は多めに見ろと言われるので、目をつぶるけど来年打たんと国に帰って、もらうしかないかもね(今日のノーアウト2、3塁三球三振はアカンわ)

2人で完全リレー日本一、いかにも「守りの野球」を掲げるドラゴンズらしい勝ち方で大変こそばゆいと言うか誇らしくもあり、やはり「らしく」勝ち抜くのが日本一の条件なのかもね。

ファイターズはいいとこなしでした、ダルビッシュが凄いの十二分に解ったけど、その他はこれで良く優勝したんだなと逆に驚くほどしょぼかったです。ドラゴンズが良く研究して抑えた結果かもしれないけど。

とにかく53年ぶりです。これで杉下さんもことあるごとに引っ張りだされることはなくなるでしょう。

ドラゴンズはテレビ出演などで盛り上げ役というかテレビ担当の芸人タイプがいないので、フレンドパークとかでたとに地味に盛り上がらないことが今から心配です(^_^);;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »