« 絶不調川上で勝ててラッキー | トップページ | 武田は打てたが武田が打てず完敗 »

2006年10月22日 (日曜日)

まさかの山本いつもの岡本で負け

?調川上で勝利はラッキーでしたが、これまでの試合絶好調だった山本昌で逆転負けはキツイ。

山本はこれで23年目4度目のシリーズで未勝利、ここまでくると呪いに近いものがある。

と言っても取った点はホームランの2点だけで、バント2度も失敗したし負けて当然でもある。

7番に思い切りの良い鶴岡、8番に打率はそこそこでもミートが上手い金子、後付けではあるがこの打順には色々考えされられた試合でした。

てか、4番がスイッチヒッターなのは考えると便利だ、いったいどんな筋肉を鍛えているのやら。

あれ、さすがにヒルマン監督「シンジラレナーイ」がでませんね、って言うか東海テレビ制作なので、インタビュー途中で番組切りやがった印象悪ー(^_^);;

あと岡本ですよ、みごとにシーズン通りでボールボールボールでしょうがなくど真ん中でドーン!、まさにいつも通り、2年前のカブレラ満塁ホームランと寸分違わぬ投球に、やっくんでなくともガッカリさせられました。

逆に武田は昨日打たれたけど今日立ち直ってしまい、札幌の3試合が非常に厳しくなったけど、2年前も1勝1敗で西武ドームで2勝したのでそんなに心配はしていません。

しかも3戦目は名古屋ドームが苦手で、それ以外が得意な朝倉が先発なので大丈夫。

あ、でも良く考えると逆転タイムリーをお膳立てしたのSHINJOのポテンヒットだったし、昨日は犠牲フライ打たれたし、地味だけどヤツには活躍されているのよね、そこんとことガッツ小笠原にだけ目を覚まさせないように注意したい北の3連戦です。

|

« 絶不調川上で勝ててラッキー | トップページ | 武田は打てたが武田が打てず完敗 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47333/12382231

この記事へのトラックバック一覧です: まさかの山本いつもの岡本で負け:

» シリーズ2戦目は八木が粘り1勝1敗で北海道へ [スポーツ瓦版]
日本シリーズ2戦目の中日VSハムでハムが5対2で勝った 初回に山本と八木が1点を取られ4回に八木が1点を取られ 7回に山本が2点を取られ8回に岡本が2点を取られ終わる 山本は初回セギノールのヒットと7回に金子の逆転ヒットで 3点を取られてベテランらし....... [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日曜日) 午後 11時01分

» 2006日本シリーズ第2戦(中2-5日)~SHINJO劇走の逆転勝ちで山本昌の気の毒健在+ラジオでオフ会中継のお知らせ [2006タイガース世界一への道~SHINJOラストは東京ドームで]
【ノーノーのジンクスは克服したが】 1987年近藤巨人戦、1996年野口巨人戦、2002年川上巨人戦と中日の投手がノーヒットノーランをやった時、やられた巨人が優勝した。 そのジンクスは今年はなかったorz しかし、山本昌の気の毒は生きていた。 中2-5日(略すと国際試合みた..... [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月曜日) 午前 07時32分

» [06日本シリーズ]勝利の方程式で1勝1敗のタイに! [ZAWA talk]
ファイターズが昨日の雪辱を果たす。 八木が6イニングを2失点で抑えたあとの7回に選手会長金子が2点タイムリーで逆転。その後武田久、マイケルという勝利の方程式で逃げ切り。 日本シリーズの成績を1勝1敗のタイに持ち込み、札幌に帰ることになった。[日刊式スコア] ... [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月曜日) 午前 07時55分

« 絶不調川上で勝ててラッキー | トップページ | 武田は打てたが武田が打てず完敗 »