« 郵便局でいらっしゃい | トップページ | やったぜ山本昌! »

2006年9月15日 (金曜日)

ドラゴンズ快勝!

ここ1ヶ月弱を11勝1敗の奇跡的なペースで追い上げるタイガース、先発投手総崩れで5割も勝てないドラゴンズ、いくらホームゲーム8連勝中とはいえ3連敗中の川上を信じきれませんでしたが。

今日のドラゴンズはファンながら恐いチーム、野球をよく知っているチームだと感心しました。

初回の2点目、3連打の後ダブルプレーでしぼみかけたムードをしっかりタイムリーで引き戻すアレックスにしつこさを感じ。

3点目、初回の2点以降のらりくらりの下柳ペースで押さえられていた所を2アウトから「下位打線」で得点、しかも打率2割そこそこの谷繁にタイムリー2ベース。

まぁ残りの追加4点は取ってあたりまえとしても上記3点の取り方、ペースの握り方は恐さすら感じる

逆にいえば岡田監督はどうだったんだろう、2点先制され5回まで2安打で6回の先頭バッターは投手の順で普通なら反撃の意識をチームに持たせる為にも、代打を送る場面だったがそのままで凡退。

しかもその悪い流れでその裏に上記の谷繁の3点目タイムリーを打たれたことを考えると残念な采配だ

とくに3点差の7回から未だ調整当番中の久保田を使った場面には、ドラゴンズファンの私もあきれてしまった。

正直あの場面で久保田が出たら阪神はあきらめの表明、中日は勝ちを確信しかねないケースだったのに、あの采配はいただけない。

せめてダーウィンだったら「まだまだあきらめとらんで」の気持ちが相手にも伝わったハズなのに。

と言っておきながら何ですが、この岡田監督の変な采配にも訳があって、11勝1敗の猛烈なペースの背景には中継ぎ投手の滅茶苦茶な起用、まぁハッキリ言えば使い過ぎがあったんですね。

故に6回の先頭バッター下柳も「まだ2点しか取られて無いしなんとか」な気持ちで続投が裏目。

7回にそれでも藤川なりダーウィンなりでやる気を見せたかったが、疲れきってて使えず久保田で大炎上と、今までの奇跡の連勝の大きなツケがハッキリキッパリ見えてしまった訳なのです。

落合監督は無四球完封直前の川上に替えて、9回は久保田と同じ調整当番の投手で抑えて、少しランナーが出ると絶好調の金本だけは調子付かせない為に専用の小林で三振と、点差以上に相手にダメージを与え、ドラゴンズの賢い野球を知らしめた試合でした。

これで明日明後日連敗してもOKになったし、阪神は3連勝が今までの奇跡の追い上げに意味を持たせる為にも絶対だったのが初戦で崩れ、しかも今までの追い上げの疲労を「これでもか」言うくらい痛感した訳で、もし明日ドラゴンズが勝ってしまうと9月中の胴上げも見えてしまうかも。

ある意味マジックが出て9ゲーム差のまま優勝したら「つまらない」の一言で終わってしまったセリーグを、孤軍奮闘で盛り上げてきたタイガースにはもうひとふんばりしてもらいたい。

あしたは2点差3点差くらいでも藤川を出す勢いで向かってこないと、ナゴヤドームのドラゴンズは破れませんぞ。

※他球場の余談だが古田PMチャンスでど真ん中三振はまずいっしょ(^_^);;

|

« 郵便局でいらっしゃい | トップページ | やったぜ山本昌! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47333/11909476

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンズ快勝!:

« 郵便局でいらっしゃい | トップページ | やったぜ山本昌! »