« 歩道橋マニア | トップページ | ニッポン放送のマイク »

2006年6月 1日 (木曜日)

ネコの心臓

大きな黒ネコが道の真ん中で寝てた、危なっかしいけど全然動かない、気にしながらも横を通過する。

対向車が来てつい心配し振り返ると、ネコ視線は向けるが微動だにせず車が道幅ギリギリで避ける。

くさなぎ我慢しきれず、ケガでもしてるかと様子を見に行くとさらにスピードに乗った車が来て、事故目撃かと思えば、ネコ堂々と寝転がりまた車急ブレーキ急ハンドルで難を逃れる。

そうかそんなに重傷なのか起きてられへんのか、よしよし皆は見て見ぬフリをするけど、人間だっていいひと居るんだぞとあと30cmまで近寄ったら。

ネコ今までの緩慢な動きがウソのように逃げ出した、そしてこちらを向いて

「人間のクセに器が小さいのよ、アナタいいひとって言われない?(メス?)」と言ったような気がした。

くさなぎ驚きのあまり「あぁいいひと止まりだよ、言われるよ直接な!」とボヤく気力もなかった。

ネコの視線って時に人を見透かすような達観した感じがあるだけに、まるで腹をねじり込むように打つべしされたような感じだ。

でもそんなネコの自分勝手なトコも好きだ、などど言ったら変態だろうか、私はネコ好き共通の癖だと信じてやまないのだが。

★人気ブログランキング参加中 それでもネコが好きです★



|

« 歩道橋マニア | トップページ | ニッポン放送のマイク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
そのニャンコ、スリルを楽しんでいたのかもしれませんね~。
自分の機敏性にすごーく自信を持っていて、本当に危ないと判断したら
ぴゅっと逃げることを、きっとこれまでにも楽しんだんじゃないかと
いう気がします(^^;)
それとも、幸運なことにこれまで毎回ちゃんと避けてくれて
難を逃れてきたからそれが当然になっちゃった?
ニャンコの性格にも色々あるようで、おもしろいですね。

くさなぎさんの根っからのニャンコ好きがよくわかるお話です(^^)

投稿: ポージィ | 2006年6月 4日 (日曜日) 午後 03時14分

毎度いらっさいませポージィさん

>スリルを楽しんでいたのかもしれませんね〜。
いや本当見てるこっちがハラハラしっぱなしの、度胸満点ネコでした、車が避けて当たり前のような。

>難を逃れてきたからそれが当然になっちゃった?
最初私もそう思ったのですが、あの落ち着きぶりをみると、危険云々等を超越した達観ネコなのかも。

>ニャンコの性格にも色々あるようで、おもしろいですね。
野良猫でも妙になつくのと脅えたのありますね、海釣りで見る港に居着いたネコとか好きてす。

>くさなぎさんの根っからのニャンコ好き
ここにきて好き好き度が加速してきて自分でも恐い。

投稿: くさなぎ | 2006年6月 5日 (月曜日) 午後 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47333/10352248

この記事へのトラックバック一覧です: ネコの心臓:

« 歩道橋マニア | トップページ | ニッポン放送のマイク »