« ブラジルvsクロアチア | トップページ | 赤いスガキヤ »

2006年6月16日 (金曜日)

ハチミツとクローバー

もうすぐアニメ版の新シリーズが始まるとのことで、20話で止まっていた視聴を再開。

私はハチクロのファッションが好きで、アニメなのに衣装監修や衣装協力に人を使っており、実際にありそうな細かい造りや重ね着の配色やバランスが良いのです。

特に21-23話の山田さんの服が好きで、23-4歳なので子供っぽいのはもうキツイけどまだ学生だし美大だから大人過ぎも違和感あるトコロを、番組内でも言われる山田さんの美脚をいかして上手く表現できている気がした。

内容は最後に来て今まで悩み続けて地味だった竹本の暴走ともいえる行動が、ちょっと羨ましくも清々しく眺めていて楽しかった。

森田さんは真面目に語りだすと誰だか判らない位ギャップがあるのだけど、竹本以上にはぐみとの関係に悩んでいることが新鮮で、真山はずーっと理花さんネタがいったいどこまでと思えるまで続いたけど解決せず新シリーズ持ち越しなのかな。

でもやっぱり山田さんの真山好きネタが1番で、実際考えるとストーカー的な気もするけど、真山自身が(ワザと?)避けてないだけにややこしいのでソコが面白い。

あと藤原デザインの人々も好きだ、野宮はちょっと出来過ぎな気がするが若き日には真山とそっくりだったと思うと憎めないキャラだし、混ぜご飯番長もリーダーも素敵だ。

男の視点から見ると山田さんがやたら可愛く見えるが、やはり女から見るとウザいキャラなのだろうか野宮や森田さんなどに人気が偏るのか、特に統計がないから判らないけど山田さんは女性には受けないような気がする。

てな訳で月末から新シリーズ色々未解決でスッキリしたいとこだが、1クール(13話)らしいので期待し過ぎずお気楽に見ましょ。

あ、でも邪な見方をすれば映画ハチミツとクローバーの壮大な(1クール)CMとして、アニメが再開した感じだって残りの内容を12-3話じゃ消化できんし所詮フジテレビだし。

映画は間宮兄弟を見た時のCMで夢のキャストの触れ込みを聞いて、竹本役ってジ○ニーズで森田役はキャシャーンなのにーナゼと内心思ったが、森田の方はその後見た雪に願うことの矢崎学役で見直し伊勢谷友介は良いと知り改心したが、残念ながら竹本役のジ○ニーズの方は、正直SMAP以降(ギリギリTOKIOまで)はひとくくりでしか知らん(と言うか皆同じに見える)ので、評価はさし控えましょう。

監督は聞いたことない人だけど、経歴見ると「ハチミツとクローバーだからポップでキュート(死語)なこんな異才つれてきましたっ」な、あてつけ感がヤなんですけど、まぁ批判及び賞賛は現物見てからですね。

※ハチミツとクローバーのお中元ポスター:餓えてる真山が新鮮かも(^_^);;

★人気ブログランキング参加中 スガシカオも前からファンだしね★


|

« ブラジルvsクロアチア | トップページ | 赤いスガキヤ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47333/10551420

この記事へのトラックバック一覧です: ハチミツとクローバー:

« ブラジルvsクロアチア | トップページ | 赤いスガキヤ »