« ハチミツとクローバー | トップページ | スンちゃんのバント »

2006年6月17日 (土曜日)

赤いスガキヤ

名古屋と言えばスガキヤ、ラーメン店なのに甘味も充実なトコがまた面白いのだが、私の知らない間に色々店の種類が増えた模様。

そんな訳で雨に降られて慌てて潜った地下街エスカで、何やら品のあるスガキヤ(左記HPより新着情報-新業態情報-名古屋エスカ店)に入る。

ラーメンは赤白暁の3種類、今日は赤ラーメン全部のせとチャーシュー丼を頼んでみた。

スープは確かにスガキヤだが、味がきめ細かくて赤ラーメンで濃い目なのに全部飲めるのどごし、麺も気持ちツルっとしてて全体的に1ランク上な感じだ。

特にトッピングは違う、チャーシューは今までの店の肉入りの比ではなく厚くて立ちそう、玉子も生落としでなくちゃんと半熟で、シナチクも1本1本噛み応えがあり味も良い。

注文の際はトッピング全部のせがお勧め、普通のスガキヤとの違いはこれでハッキリする。

チャーシュー丼も意外に美味しくて、ごはんの上にチャーシュー角切りと半熟玉子と刻みネギに少しマヨネーズが付いて、これをグリッと混ぜてガツガツッといただく、これ旨い。

他にも多種多彩な出店をしているようで、内容は上記スガキヤHPより「新着情報-新業態情報-○○店」で見て欲しい、カレーや餃子、エビフライやみそかつetc等幅広く扱っているようで驚いた。

個人的には謎の玉子カレーとつけ麺、うどん使用のジャージャー麺が気になるし、カレーラーメンはカレーうどん好きの名古屋独特の力技が効いてて良い。

もう1つのウリである甘味の注目はシンプルだけど抹茶ソフト、子供の頃スガキヤのソフトクリームは他で食べるより美味しかった気がするのは私だけだろうか、値段も安いしね。

どちらかと言うと新規の郊外店舗にこの手の店があるようで、あなたの近くのスガキヤはそれかもしれませんよ。

※おまけでエスカ話だが、名古屋喫茶店文化の代表コメダ喫茶が開店するそうで、これでひつまぶし-みそかつ-きしめん-ういろう-みそ煮込みうどん-カレーうどん-喫茶店そしてスガキヤと名古屋名物がほぼ勢ぞろい(手羽先くらいか残りは)

※しかもそれぞれが分野を代表する店が集まり、他府県からのお客さまをもてなす場合に、安直にタワーズで流行りの店に並びグッタリより、この土地の象徴でもある地下街で、お値打ちメニューをいただいた方がより「大いなる田舎」「激安よりもお値打ち好き」の名古屋が判ってもらえるハズだ。

★人気ブログランキング参加中 カレーラーメンのチャーシューは変?★



|

« ハチミツとクローバー | トップページ | スンちゃんのバント »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47333/10568470

この記事へのトラックバック一覧です: 赤いスガキヤ:

« ハチミツとクローバー | トップページ | スンちゃんのバント »