« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金曜日)

売れるピン芸人の相方

ぐっさん(山口智充)の相方DonDokoDon平畠啓史をテレビで久しぶりに見た。

私が先日こき落としたスカパー録画ワールドカップ中継?の中まとめ番組「徹底討論 ドイツを斬る!」で、セルジオ越後など複数のサッカー解説者を相手にしっかり司会者を努めていた。

最近のお笑い芸人は高学歴化や高運動能力化してるけど、彼も調べたら関西大学卒業で高校ではサッカーで主将として全国大会に出たそうで、経歴だけ見ると完璧。

サッカーの得意な芸人はペナルティーしか知らなかったけど、平畠さんはその辺りをあえて吹聴していないそうで、芸人はとりあえず何をネタにしても人前に出ないといけない現実を思うとちょっともったいない。

今夜から準々決勝、ドイツvsアルゼンチンまではリアルタイムで見たいけど、イタリアvsウクライナはさすがに無理だ、本当はどちらも凄く見たいんだけど。

★人気ブログランキング参加中 イタリアはPKになるとヤバイ?★


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木曜日)

子供はペット

ブランド子供服ビジネスはやりすぎではないか。

昨日6/28のワールドビジネスサテライト内のニュース。

●男の子ファッション革命:少子化が進む中、1人あたりの子供にかける洋服代が高くなっている。その流れを牽引しているのが男の子。団塊ジュニア世代が消費のカギを握る父子ファッションビジネスを追う。

※一人っ子や6ポケット(両親と2組の祖父祖母からの資金調達)、バブル世代の両親の金銭・ファッション感覚を巧みに狙ったブランド子供服ビジネスの話。

これに対して女性司会者と女性レポーターは好意的な反応だったが、コメンテーターのロバート・アランフェルドマン氏が面白いコメントを残す。

女性司会者が彼にアメリカでもこういうのありますよねと振ると、

「あるかもしれないがこんなにバカ高い金は払わない!」

「お金が掛かることが少子化の原因と言うが、これは子供の為にやっていることなのか!?」

「親の自己満足の為だけではないのか!?」

「日本の親は子供を見せびらかすペットか何かと勘違いしてないか!!」

「これだからニートが、ウンヌンカンヌン」以下女性司会者が慌てて止める(^_^);;

さすがモルガン・スタンレー証券チーフエコノミスト、一刀両断と言うかスポンサーありきの民放お構いなしと言うか感動した!、気分爽快だった(^_^)

確かに上手く言えば子供服ブランドだが、本当に男の子がそれを着たい(需要)と思っているかと言うと違う気がするし、うがった目で見れば特に必要ないもの(ブランド服)をメディアで煽って、洗脳販売しているハイエナビジネスとも思える。

商売は需要と供給で需要が無ければ(メディアを利用して)作れば良いとも言えるが、多少ガツガツし過ぎなのだ。

コメンテーターで言えば最近テレビで増えた自称コメンテーター(日本人)は、普通の事件をより険悪に未成年の事件とくれば原因はゲームかアニメに持っていきたがる、程度の低い人種(大谷)が大半だが。

今回のロバート氏のコメントは、日本テレビ局と日本人コメンテーターのあうんと言うかなぁなぁの、日本人的迎合覗き見番組に対し、スポンサー等しがらみのない外資系証券のカウンターが突き刺さったようで久しぶりに面白かった。

★人気ブログランキング参加中 コメントとは問いかけるモノ★


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月曜日)

突然上位になると大変

今日こんなメールが届いた。(一部抜粋)

>@With『人気blogランキング』です。
>貴サイト内に、規約で禁止されているリンク方法が確認されましたので、
>下記に該当する箇所の修正をお願いできますでしょうか。
>[違反内容]
>・当ランキングに関係のないテキストや画像からのリンク
>「バトルロイヤルも見てみたい」

どなたかが私のブログを見て投書そのレスポンスとのことで、言われる部分は今までずーーーっと使用していたので、ナゼ今日になって投書なのか、まさか変なメールかもと心配し調べたら

私の知らぬ間にブログが人気blogランキングで3位になっていたのが原因らしい(T_T)

何の加工もない普通の平民ブログで、ランキングや来客数は確認せずだらだら書いてただけなのに、何かの間違い?で先週突然順位が上がってしまったようで困った(T_T)

※誤解のないように書くが、上記投書さんの上げた私のリンク文「バトルロイヤルも見てみたい」はナゼか原文の一部抜粋で、実際は ★人気ブログランキング参加中 バトルロイヤルも見てみたい★ である


だがどうしよう知らぬコトとは言え、順位の下がった上位常連さんには気になるようで、恐る恐るその辺りを巡回したら、虫も殺せない可愛げで当たり障りの無い文面(6/26)で「上位に知らん顔が増えてウザッ(私的直訳)」的な内容が載っておりかなり恐かった(T_T)

うーん知らぬ間とは言え上位になると色々摩擦があるようで、私は今の順位(3位)が分不相応であることは承知しているし、常連さん達のブログは凄く面白く色々工夫(リンク等)があり、テンプレートそのままで画像等無しのウチとは比べ物にならないのも事実だし。

でもだからこそ私も造りをコテコテにしてカウントしてもらおうとは思わない、私は今のまま既成テンプレ使用し、たまに思い付いたことをだらだら書いて、偶然誰かにフト見てもらえればそれで幸せだ。

そんな訳で「投書された方」へお願い、私の知らないコトとは言え突然の上位進出ご心配おかけしております、しかしながら月末にランキングがリセットされ来月の集計が始まれば、実力不足で100%このブログはランク圏外宇宙の彼方へと消えることでしょう。

ここは常連さんの器のに免じて、この突然の順位変動にも不動の心で「あぁ一発野郎ね」位の気持ちで生暖かく見守ってやって下さいやしませんか。

★人気ブログランキング参加中 何も気にせず書ける環境が一番★


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木曜日)

メローイエロー待望論

そうだ巻だ巻を使えブラジル相手には彼こそ適任だ、と根拠のない待望論と違って、私が愛して止まないメローイエロー(私の初ブログ)のそれは1億2千万国民の総意だったのだ!!

新着情報30件→RSS
goo ランキング
もう一度飲んでみたいソフトドリンクランキング
1メローイエロー
2はちみつレモン
3アンバサ
4スプライト
57up
6きりり
7紅茶花伝
8マウンテンデュー
9ドクターペッパー
10ハイシー
もっと見る
(C) NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.

ブームを巻き起こした「はちみつレモン」や有名な「スプライト」を抑えての堂々の1位、そうこれでメローイエローが私の記憶だけのレアジュースでなく、北海道の坂井さんも富山の八代さんも高知の柳生さんも鹿児島の高梨さんも(全て仮称)イエローを待ちこがれていたのです(^_^)

ちなみに30位までのランクでは、27位に姉妹品のメローレッドが入ってます。

実はここ数日おそらくこのランキング経由の、メローレッド検索でいらした方が増えたので気になってたのだ。

3位のアンバサより南日本酪農協同株式会社の愛のスコールの方が好き、8位のマウンテンデューは目を閉じて飲めばイエロー風味、11位のプラッシーは何故かお米屋さんで良く売っていて謎。

12位のミリンダは甘ったるさがクセになる、25位のタブクリアは透明なコーラでスプライトと何が違うと聞くのは愚問、30位マサイの戦士って野菜ジュースじゃなかったっけ。

野菜ジュースと言えば昨日株主総会だったカゴメの、売れ過ぎて販売停止中だったラブレが再販されるそうですね、セブンイレブンとかでまたタナ1つ使いきって並べるのかしらん。

★人気ブログランキング参加中 14位サントリーのピコーも好きだった★



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火曜日)

トリビアのカブト祭り番組化?

トリビアでも大きく特集が組まれたカブトムシバトルが、1つの番組世界最強虫王決定戦として再放送?されるそうで、これは大変楽しみだ。

私も放送当時、年がいも無く見てて興奮したもので、単純ゆえに面白いってこのことなのかーと感心。

うがった見方をすれば、虫バトルなのでかなり恣意的な操作や編集はあるけど、やっぱりカブトムシやクワガタムシはいくつになっても興味があるものです(^_^)

しかも第1回はクワガタ対決で次はカブトムシ、そして後はついに禁断のカブト★クワガタ世界最強タッグトーナメント放送予定でワクワクするなー

スカパーはこんな変な番組でも平気でやってるから面白い。


★人気ブログランキング参加中 バトルロイヤルも見てみたい★


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アキバ系歌番組はじまる?

世の中には1番乗りマニアが居てテレビ出演すると聞き、番組を探していたら、同系列のバラエティー番組内にAkiba-POPなる番組を見つけた。

世界初と言う触れ込みに惹かれて読んでみると、どうやら秋葉原の「ご当地ソング」では無く、アニメソングやゲームソングの総称らしい。

そもそも18禁ゲームの主題歌等が代表とあるが、オタクを自認する私も10年来マッキントッシュ使いゆえに、ウィンドウズ専用?ゲームのことはサッパリ、でもテレビ番組が始まるなら結構流行っているのかも。

アキバ系と聞くとオタクのイメージが湧くが、1つのジャンルとしてライブイベント(しかもライブハウスで)が行われていると聞くと、ファン層も一部を除いてアクティブで非オタクとの境目はほとんど無いのでしょう。

あっ、1番乗りマニア見逃じゃん、愛知万博も登場した触れ込みだったのに(^_^);;

次回は旅行郵便貯金マニアだそうで、謎の多さに興味津々です。

同チャンネルではコレにも期待しています。


★人気ブログランキング参加中 Akiba-POPは出演3人が凄いらしい★


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日曜日)

川口PK止めた!

もしかして勝てなくても、これでお腹いっぱいと言ったら気弱かなぁ。

小笠原と柳沢のアントラーズコンビがいまいち動きが悪いのが気になる。

小野はいいけど、遠藤や玉田や中田や遠藤、特に中田見たい。

あんまり詳しくないけど、川口は海外クラブチームで活躍はできないのかな?

★人気ブログランキング参加中 クロアチアのベンチにセルジオ越後がいる?★


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スンちゃんのバント

ジャイアンツが1点差で負けてる中、2アウト1塁3塁でイ-スンヨプのセーフティバント。

解説者ビックリ

解説の掛布さんもビックリ!

そして原監督が一番ビックリ!!

球場全員の意表を突いてどうするのスンちゃん(^_^);;

温厚な掛布さんも打たなアカンと怒ってたなー

当然その後の満塁は無得点だす。

★人気ブログランキング参加中 元ドラゴンズの鉄平凄いぜ★



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土曜日)

赤いスガキヤ

名古屋と言えばスガキヤ、ラーメン店なのに甘味も充実なトコがまた面白いのだが、私の知らない間に色々店の種類が増えた模様。

そんな訳で雨に降られて慌てて潜った地下街エスカで、何やら品のあるスガキヤ(左記HPより新着情報-新業態情報-名古屋エスカ店)に入る。

ラーメンは赤白暁の3種類、今日は赤ラーメン全部のせとチャーシュー丼を頼んでみた。

スープは確かにスガキヤだが、味がきめ細かくて赤ラーメンで濃い目なのに全部飲めるのどごし、麺も気持ちツルっとしてて全体的に1ランク上な感じだ。

特にトッピングは違う、チャーシューは今までの店の肉入りの比ではなく厚くて立ちそう、玉子も生落としでなくちゃんと半熟で、シナチクも1本1本噛み応えがあり味も良い。

注文の際はトッピング全部のせがお勧め、普通のスガキヤとの違いはこれでハッキリする。

チャーシュー丼も意外に美味しくて、ごはんの上にチャーシュー角切りと半熟玉子と刻みネギに少しマヨネーズが付いて、これをグリッと混ぜてガツガツッといただく、これ旨い。

他にも多種多彩な出店をしているようで、内容は上記スガキヤHPより「新着情報-新業態情報-○○店」で見て欲しい、カレーや餃子、エビフライやみそかつetc等幅広く扱っているようで驚いた。

個人的には謎の玉子カレーとつけ麺、うどん使用のジャージャー麺が気になるし、カレーラーメンはカレーうどん好きの名古屋独特の力技が効いてて良い。

もう1つのウリである甘味の注目はシンプルだけど抹茶ソフト、子供の頃スガキヤのソフトクリームは他で食べるより美味しかった気がするのは私だけだろうか、値段も安いしね。

どちらかと言うと新規の郊外店舗にこの手の店があるようで、あなたの近くのスガキヤはそれかもしれませんよ。

※おまけでエスカ話だが、名古屋喫茶店文化の代表コメダ喫茶が開店するそうで、これでひつまぶし-みそかつ-きしめん-ういろう-みそ煮込みうどん-カレーうどん-喫茶店そしてスガキヤと名古屋名物がほぼ勢ぞろい(手羽先くらいか残りは)

※しかもそれぞれが分野を代表する店が集まり、他府県からのお客さまをもてなす場合に、安直にタワーズで流行りの店に並びグッタリより、この土地の象徴でもある地下街で、お値打ちメニューをいただいた方がより「大いなる田舎」「激安よりもお値打ち好き」の名古屋が判ってもらえるハズだ。

★人気ブログランキング参加中 カレーラーメンのチャーシューは変?★



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金曜日)

ハチミツとクローバー

もうすぐアニメ版の新シリーズが始まるとのことで、20話で止まっていた視聴を再開。

私はハチクロのファッションが好きで、アニメなのに衣装監修や衣装協力に人を使っており、実際にありそうな細かい造りや重ね着の配色やバランスが良いのです。

特に21-23話の山田さんの服が好きで、23-4歳なので子供っぽいのはもうキツイけどまだ学生だし美大だから大人過ぎも違和感あるトコロを、番組内でも言われる山田さんの美脚をいかして上手く表現できている気がした。

内容は最後に来て今まで悩み続けて地味だった竹本の暴走ともいえる行動が、ちょっと羨ましくも清々しく眺めていて楽しかった。

森田さんは真面目に語りだすと誰だか判らない位ギャップがあるのだけど、竹本以上にはぐみとの関係に悩んでいることが新鮮で、真山はずーっと理花さんネタがいったいどこまでと思えるまで続いたけど解決せず新シリーズ持ち越しなのかな。

でもやっぱり山田さんの真山好きネタが1番で、実際考えるとストーカー的な気もするけど、真山自身が(ワザと?)避けてないだけにややこしいのでソコが面白い。

あと藤原デザインの人々も好きだ、野宮はちょっと出来過ぎな気がするが若き日には真山とそっくりだったと思うと憎めないキャラだし、混ぜご飯番長もリーダーも素敵だ。

男の視点から見ると山田さんがやたら可愛く見えるが、やはり女から見るとウザいキャラなのだろうか野宮や森田さんなどに人気が偏るのか、特に統計がないから判らないけど山田さんは女性には受けないような気がする。

てな訳で月末から新シリーズ色々未解決でスッキリしたいとこだが、1クール(13話)らしいので期待し過ぎずお気楽に見ましょ。

あ、でも邪な見方をすれば映画ハチミツとクローバーの壮大な(1クール)CMとして、アニメが再開した感じだって残りの内容を12-3話じゃ消化できんし所詮フジテレビだし。

映画は間宮兄弟を見た時のCMで夢のキャストの触れ込みを聞いて、竹本役ってジ○ニーズで森田役はキャシャーンなのにーナゼと内心思ったが、森田の方はその後見た雪に願うことの矢崎学役で見直し伊勢谷友介は良いと知り改心したが、残念ながら竹本役のジ○ニーズの方は、正直SMAP以降(ギリギリTOKIOまで)はひとくくりでしか知らん(と言うか皆同じに見える)ので、評価はさし控えましょう。

監督は聞いたことない人だけど、経歴見ると「ハチミツとクローバーだからポップでキュート(死語)なこんな異才つれてきましたっ」な、あてつけ感がヤなんですけど、まぁ批判及び賞賛は現物見てからですね。

※ハチミツとクローバーのお中元ポスター:餓えてる真山が新鮮かも(^_^);;

★人気ブログランキング参加中 スガシカオも前からファンだしね★


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水曜日)

ブラジルvsクロアチア

どうなんだブラジルがしょぼかったのか、クロアチアが思ったより頑張ったのか、とにかく1対0はどうにかならんかったのか。

ロナウドが凄かった、何が凄いかってちょっと速い足元へのパスはことごとくトラップミスるし、時間が経つと全然動けないからパスをもらうスペースすら作れず、最後らへんには止まってたので、画面にすら映らなくなってた。

あれだったら後半に乱入したクロアチアサポーターの方が良く映ってたな。

困るなー3対0にしてもらわんといけんゲームでFWが無得点なんて、カカの1点だって前2人がしょぼ過ぎるので仕方なく打ったシュートだし。

まぁスーパースターは決勝戦で、ワールドカップ得点記録がでるように調整してるんすかね。

ならvs日本戦も今のままでお願いしたい、ブラジルも今日の調子だったら勝ちは無理でも引き分けられそうな気がするし。

それよりもクロアチアだ、相手が慎重で不調とはいえボールキープ率は約半々だし、左サイドから数回切れ込んでいいシュートあったし、正直正面に飛んだから入らなかっただけが2-3本あった。

試合を見た後のイメージでは、限りなく直感だけどFWは巻と玉田か巻と大黒がいいのでは、控えの方が迷いなく思いきってシュート打てると思うし、高原と柳沢は数的優位な場面でさえオドオドしてたので、後半10分くらいで彼等に戻す設定でやってみても面白いと思う。

★人気ブログランキング参加中 本当は遠藤も見たいっす★



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火曜日)

へびのかみさま

仕事から帰ってきて部屋の明かりを着けたら40cm位のヘビがいた。

お隣さんが新築解体をした為に居場所を失い迷い込んだようで、物陰に逃げながらも弱っている模様。

裏が畑だがヘビは初めてなことを考慮すると、隣の家の守り神様ではと妄想を膨らませ救助作戦開始。

とりあえずエサ、冷蔵庫にあった鶏肉を刻んで隠れた隙間の前に置く、警戒していたが空腹には勝てず10分後にはかぶりついていた。

見た時は驚いたが、良く見ると目がクリクリして可愛いヤツだと眺めていたら、目が合ってしまった。

こ、これは日本昔話みたいにへびの神様が恩返しみたいな展開かとファンタジーに走っていたが、ただ食事時に警戒してただけのようだ(^_^);;

食後捕まえて畑に放そうとも考えたが、家の守り神様ならそっとしておこうと最後まで妄想を突き通し放置、いつのまにかどこかにいってしまった。

さぁへびのかみさまは私の家に居着いてくれるだろうか、へびは脱皮した皮を財布に入れるとホニャララみたいな話は聞いたような聞かないような、新たな同居人?が幸運をもたらしてくれるとイイナ。

★人気ブログランキング参加中 どうやらシマヘビらしい★


| | コメント (0) | トラックバック (0)

弱った敵の倒し方

負けた正直完敗だ。

後半15分から暑さで弱ったオーストラリアから、追加点取れなかった日本。

逆に同点にされ弱った日本に、統一された戦法で攻め込み2点取ったオーストラリア。

へこんだ相手をいかに倒すか、その(世界)レベルの違いを見せられた格好だ。

特に3点目は、ゴール前の1対1でスカッと抜かれ、世界での経験値の差がハッキリ見えた。

これで恐らく3つ目のブラジル戦も負けられ無いだろう。

やはり1998と2002年は、ハンデ戦だったのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月曜日)

日本代表のゆくえ

1998フランス大会は初出場で参加するだけで凄かった。

2002日韓共催は自国開催で色々有利だった。

2006ドイツで本当の日本の実力が判ると思う。

単純に言って体格では負ける、正直今まであまりアジア勢が勝てなかったのはコレでしょう。

スピードとテクニックで勝るとテレビは騒ぐ、コレが本当に世界にでかい相手に通じるか、3回目の出場であるが、開催地も欧州、日本のレベルのそこそこになって初めてその結果が出る時だ。

きっと今回成功すれば日本のサッカーはレベルアップすると思う分岐点だ、その結果を経てあと30年くらいすれば今のプロ野球並に地域の隅々までサッカーが浸透して、町のおばちゃんでもコーナーキックやフリーキックの意味が分かる日が来ると思う。

今回は本当の実力が判る大会だ、しつこいようだがそう思えてならない。

★人気ブログランキング参加中 福西ヘッドで1点に1票★


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日曜日)

スカパーでW杯見れねー

スカパーのサッカーW杯中継を楽しみに契約していたのですが、ここで大問題発生、どうやら今回「生中継しないらしい」のだ。

知らなかった私が悪いと言えばそうなのだが、まさかスポーツ中継を全部録画で流して「スカパー!がやらなきゃ誰がやる?」などと吹いて回ってCMしていいのだろうか。

正直がっかりだウチは地上波の受信状況が極めて悪い(名古屋市内なのに)ので、BSやスカパーを頼りにしてるのに、金まで取って「スポーツ中継」を録画放送だけってどうよ。

最近のスカパーはCMのタレント自体が軽薄で嫌いといえば嫌いだったけど、なにか一斉に熱が冷めたきがする。

しかも録画放送も試合終了直後ではなく、半日以上遅れてやるものばかり、もしかして放映権料が高騰して4年前みたいに契約できなかったのかな、だから録画放送も何かの規約で、半日以上熟成しないと放送できないのかも。

とにかく散々見れるとCMで言っておいてこれはどうかと思う。


※6/21後付けネタ:そうかこういうことだったんだー、スカパーが悪いと言うより金儲け主義のFIFAが悪代官だったのね納得。


★人気ブログランキング参加中 スウェーデン引き分けはビックリ★



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土曜日)

イニシャルD

レンタルでイニシャルD4th見る、実は今まで全部見てる、車のことは良く判らないけど何か熱い、ただ峠の下り競争でここま楽しませるマンガは凄いと思う。

今まで大概相手は若かったが4thのラストは中年オヤジだった、なんだか余裕と慌てのバランスが絶妙で今までになく面白かった。

カーバトルとユーロビート半ばヤケクソとも思える組み合わせで、偶然盛り上がっていたイニシャルD、毎回車種が変わるだけの対決なのにここまで燃えたのは何故だろう、単純だから良いのかな、理屈っぽいくさなぎににはとても新鮮な素材でした(^_^)

★人気ブログランキング参加中 vsカプチーノ戦が一番ん燃えた★



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木曜日)

間宮兄弟は色々だ

帰りに名古屋伏見のミリオン座間宮兄弟を見た。

ここはカフェ併設軽食アリで、帰り半端な時間しかも空腹でも万事OKで便利(^_^)

今日は食後なのでゆず茶のレギュラーで済ます。

感想はネタの詰まった映画だなー、兄弟以外のキャストが良く見ると豪華、ダサくてエロくてカワイイ設定(らしい)の先生役:常盤貴子はいい味だしてる、沢尻エリカの「エッチしてからゆっくりはなしたかった」の表情そのものがいやらしくて良い、オレもコーヒー牛乳は好きだ(コーヒーはダメ)

森田監督の特徴か?数カ所理解不能な表現アレは流し見がいいのかな?、中島みゆきのお母さん役(少しブルジョア)がこんなにハマるとは、ヤンキース松井の彼女(戸田菜穂)を初めて見た昭和と平成の良いとこを足して2で割ったような美人、高島政宏の声のでかい会社員時間短いけど印象大。

間宮兄弟は毒の無いディープなインテリオタクかと思ったら、案外メスに餓えてる中年的なトコロもあり、やっぱり男は皆そうだよなと変に人間味のある部分に感動、あとはそれにからむ女優3人でしょ。

田舎の小学校先生役の常盤貴子、「ことわる」ビデオ店員の沢尻エリカ、一見おバカな北川景子、3人とも良かったけど、常盤は新境地かも、本当に田舎の小学校ならこんな先生いそうな気がする、沢尻も彼氏役の佐藤隆太との関係がリアル、北川はラストにかけてグンッと盛り上がる。

一見、間宮兄弟の生活を覗くアリの巣観察映画かと思っていたが、俳優も設定もセットも(間宮部屋凄い)色々見方のできる百貨店みたいな作品なのかも。

あえて苦言を残すなら、森田監督のクセと言うか特徴が結構濃い作品だと思うので、合わない人には合わない可能性があるので、妙にしり馬に乗った広告にあおられて見にいくと辛いかも(^_^);;

でも一番驚いたのは、上映前CMで昔自分が新聞広告で携わっていた企業が出てきたこと、いつの間に出世したんだ知らなんだ。

あとハチミツとクローバーの実写?はどうなんだろう、監督がいまいち心配なんだけど。

今月はオールナイトで劇場版エヴァンゲリオンもやるらしい:ミリオン座

★人気ブログランキング参加中 ギョーザの酢は多めな私★



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 6日 (火曜日)

ビックリマンプロ野球チョコ

ロッテのお菓子ビックリマンにプロ野球選手シリーズが出るそうな。

12球団で投手1人野手1人をビックリマン風なイラストに描き起こすそうで、選ばれた選手はこちらで見てもらうとして。

気になるのは外人0人(マリーンズ:ベニーや ライオンズ:カブレラは?)、ホークスの杉内は去年MVPだったのに斉藤だったり、楽天もほとんど投げてない岩隈など疑問はつきませんが。

きっとデフォルメイラスト化して、わかりやすい特徴がある選手を選んだんでしょう、ジャイアンツの阿部やスワローズの五十嵐がそうだと思うし。

そしてそのキャラクターとしても抜群のインパクト、さらに実力も兼ねそなえたキャラナンバー1が、ベイスターズの「ガニマタ打法」種田に違いない、個人的にもこのチョイスだけには拍手を送りたい、石井や多村や村田には悪いけど(^_^);;

彼はドラゴンズからトレードされた中で1番活躍した選手だと思うのでちょっと嬉しい。

と言いつつ今日の川上完封でテレビ中継が余り放送された、1994年のドラゴンズとジャイアンツの同率最終決戦ビデオで、ジャイアンツの先制点が落合(現監督)のホームランだったことを思い出して少しフツフツしてたり。

★人気ブログランキング参加中 何年ぶりかに買おうかな★



| | コメント (0) | トラックバック (1)

川上無安打更新中

千葉マリンではいいとこ無しで3連敗の上、1試合平均1点と表ローテ3人に押さえ込まれた記憶から今日もあかんだろーなとテレビつけたら、川上が完全試合ペースで投げてるの。

今ちょうど福浦にフォアボール出してしまったので完全は無くなったけど、まだノーヒットノーラン継続中ですよ。

川上は巨人と工藤と同じく1年おきに調子が良くなると、揶揄されることもあるけど、これだけ絶好調だとそれで充分です(^_^)

とりあえずまだ経過中なのでぬか喜びになる前にアップしときます。

※20:15 あうーサブローと言うより憲伸3球勝負はノリ過ぎだー(^_^);;

★人気ブログランキング参加中 勝ちゃいいんです。あうー★



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月曜日)

ニッポン放送のマイク

村上ファンド記者会見を見て。

ニッポン放送のマイクがめっちゃ目立ってる(^_^);;

他社はノーマル無地のシルバーなのに、1社だけ黒地に白文字。

買収騒動に対する、ささやかな抵抗みたいで笑える。

久しぶりのモブログ、上手く載ってるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 1日 (木曜日)

ネコの心臓

大きな黒ネコが道の真ん中で寝てた、危なっかしいけど全然動かない、気にしながらも横を通過する。

対向車が来てつい心配し振り返ると、ネコ視線は向けるが微動だにせず車が道幅ギリギリで避ける。

くさなぎ我慢しきれず、ケガでもしてるかと様子を見に行くとさらにスピードに乗った車が来て、事故目撃かと思えば、ネコ堂々と寝転がりまた車急ブレーキ急ハンドルで難を逃れる。

そうかそんなに重傷なのか起きてられへんのか、よしよし皆は見て見ぬフリをするけど、人間だっていいひと居るんだぞとあと30cmまで近寄ったら。

ネコ今までの緩慢な動きがウソのように逃げ出した、そしてこちらを向いて

「人間のクセに器が小さいのよ、アナタいいひとって言われない?(メス?)」と言ったような気がした。

くさなぎ驚きのあまり「あぁいいひと止まりだよ、言われるよ直接な!」とボヤく気力もなかった。

ネコの視線って時に人を見透かすような達観した感じがあるだけに、まるで腹をねじり込むように打つべしされたような感じだ。

でもそんなネコの自分勝手なトコも好きだ、などど言ったら変態だろうか、私はネコ好き共通の癖だと信じてやまないのだが。

★人気ブログランキング参加中 それでもネコが好きです★



| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »