« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日曜日)

はさんでみたいモノ

動物の中で人間は最もはさむのが得意だと僕は思う。

まず指で腕でほぼ何でも自由にはさんでしまう。

それのついでにワキや又でもけっこういける。

頑張れば足の指や口やヒザの裏でも物理上可能だ。

馬券売り場のオヤジは耳で鉛筆を、携帯を耳と肩で固定する強者もいる。

そういえば小学生の時、村上君がまぶたで鉛筆がはさめると自慢してた。

退屈な人間の描写でよく唇と鼻の間でペンなどをはさむ絵ずらも良くみる。

下唇を突き出しそり返せば鉛筆くらいならクリップ可能だ。

最近のまつげパッチリブームで女性のそれにも何かはさめそうだ。

足の裏だって鍛えれば結構な重量物をはさんで持ち上げれるだろう。

内モモではさむ運動はダイエット番組で見た事がある。

パイレーツなんて2人組もおっぱいをはさんで売れたもんだ。

コンビニのサンドイッチはセブンイレブンが一番美味いと思う。

はさむって素晴らしい僕もはさんでみたいしはさまれたい。

★人気ブログランキング参加中 でも板ばさみはイヤよ★



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水曜日)

弱くて強いドラゴンズ

ドラゴンズが弱い、弱いのに成績が良いファンとしても嬉しいようでそうでもない変な気分だ。

今日も誕生日の福留が決勝タイムリーで逆転勝ちだが、スタメンの打率で言えば福留とアレックスが3割前後であとは全て2割前後、しかも1番2番4番は絶不調で一時はアレックス以外殆ど不振だったのに、今日を含め11勝5敗はっきりいって出来過ぎと言うが異常。

岩瀬も開幕から打たれたし、中継ぎエースの岡本も二軍降格なのに11勝5敗は変ですよね。

今日のBSの中継で元ドラゴンズの今中も言ってたけど、1点差ゲームに強いのでなく、1点差に追い付かれるけど勝つゲームが今年多い、おかげで自慢の投手陣も防御率3位なのに11勝5敗。

もしかしてドラゴンズと言うチームは微妙に不振でギリギリ勝っている時の方が、らしい試合運びができるのかも、逆に打ち出したら負けが込んだりして。

確か4戦全敗の阪神の岡田監督もこの珍現象に随分警戒して「寝た子を起こさないように」と新聞に出てたらしいけど、寝たままだったけど監督が警戒し過ぎて連勝したラッキー現象もあるし。

よしじゃあこのまま微妙に不振のまま、オールスターまで行こうーと言いたいとこだけど、勝率8割のドラゴンズ以上に異常な勝ち方をしてるチームが上にいる訳でどうしましょ。

ここでポイントは間近に迫った交流戦でしょう。ドラゴンズにとっては去年の悪夢のような負けっぷり「まるで借りて来た竜のよう」が思い出されるし。

ジャイアンツも投手陣を引っ張っている完投完封続きのパウエルが、去年までオリックスだったことでセリーグ相手のようには勝てないだろうし、4番の李の弱点もパリーグ及びロッテは知り尽くしているでしょうから勝率も下がるでしょう。

ドラゴンズは去年交流戦直前にウッズが暴れて失敗したので、今年はあえて交流戦まで調子を落として照準をそこに合わせているのですよ、そうだよねきっとそうだよねウッズ。

★人気ブログランキング参加中 運がいいぞ川上★


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木曜日)

BODY COMBATって何?

世の中にBODY COMBATなるスポーツがあるらしい、ネットオークションのチケット金券→興行チケット→スポーツ→その他で凄い数入札があったので気になって見てみたらこれだった。

しかもどこかのジムが会場で、時間も18:30-19:40と1時間足らずなのに、2,700円の券に多数の入札があり15,000円になっていて驚いた。

最初どこかの新興プロレス団体かインディーズの格闘団体の旗揚げ試合かと思ったら違うらしい。

検索してみたらエアロビクスと色んな格闘技を混ぜたダイエット?のようなものらしいが、なぜか海外のHPばかりで日本モノが少なくて詳細不明、でも1時間強で15,000円って多少サクラが値上げに絡んでいるとしても異常な気がするんだけど。

そもそも会場で何するんだろうオークションのチケット写真を見ると、パフォーマーなる人の紹介が3人分載っていた、勝手に想像するとBODY COMBATの先生が壇上で踊って?それを見にいくのか一緒に踊るのか?

パフォーマーと呼ばれる人同士が空手の組み手みたいに疑似格闘する訳でもなかろうし、いったい何が2,700円→15,000円の異常なコストパフォーマンスを生むのだろう非常に興味がある。

でも格闘技とダイエット運動のミックスと聞くと、ケインコスギ家総出でCMとかやりそうで恐い。

★人気ブログランキング参加中 ケインとはぐれ刑事純情派★


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火曜日)

アニメ:メジャー2nd17話感想

アニメメジャーセカンドシーズン17話 つかの間の夏休み

○吾郎のパーフェクトピッチ
高校1年で140km/hは聞くと凄いけど、松坂も投げてた訳で案外現実的。
回を追うごとに投球動作の描きがボロボロになっていくのは、理由がある適度判っていても納得できない。
周防監督が元捕手の件は原作見たはずなのにすっかり忘れていた。

○周防監督の想い
寿くんの言う通り周防監督を動かしたのは吾郎に対する期待でしょう。こうやって有言実行で相手をねじ伏せる、じゃなくて納得させる吾郎の打倒海堂作戦は気持ちいい。
これで周防監督と乾コーチと大貫元スカウトはお役御免なのかな?ちょっと残念おじさんチーム。

○君のタマを受けてた時の楽しさの方がずっと勝ってる
寿也の告白タイム船に揺られながらなんてロマンチックなの、互いに好かれてる女子がいながらそっちに走るなんて、と同人誌とかでネタにされるんだろう「タマ」の辺りのセリフで。

個人的には防波堤でフェリーを見送りながら、大好きだった吾郎の思い出を語りあう周防監督と乾コーチが大好きだ。

○かあさんは入院
お兄ちゃんがお泊まりの日に兄弟が増える結構ありがちな話。
吾郎の鈍感はここまで引っ張られると無理が有る、今さら「俺にホレてんのか?」はねぇ。
とおさんはドラサンズ戦先発ちなみに現在3番は福留だ。

自転車を引きながら吾郎を見てため息はホント恋する乙女チックだ清水。
「おいしゅうございました」は料理記者:岸朝子の名セリフである。

○思い出のカレー
確かに1stで桃子さんが押し掛け女房で作ったメニューもカレーだった。
買い物からカレーの高校生夫婦っぽい感じが面白いが、男性視聴者はある程度食い付くと思うが、婦女子にはバッサリスルーされることでしょう。
しかしあのでかいリンゴはイリュージョン過ぎるだろ、リンゴとハチミツ恋をしたなんてものありました昔。

ソフト話にかけて吾郎に微妙なアタックをかける清水、夜中に若い2人が食後に語ってあとはねぇってトコですが吾郎は寝てます。

清水も卒業の頃はまだ好きより照れの方が強かったが、3ヶ月離れたことで好きレベルが強まった感じか、吾郎が気付かないのは相変わらずだけど、これからこう言う出番が多いといいな。

○綾音は立派はマネージャー
見事に野球部のマネージャーっぷりを発揮する綾音、愛の力は偉大なのね。
手紙のお礼をした寿也だけど実際、綾音の好意にはどこまで気付いているのやら、どうも寿也目線では野球部を支えてくれるマネージャーみたいに描かれてる気がするんだけど。この先寿也の冷静さが恋と野球を天秤にかけた時バッサリ綾音を切り落としそうな気がして心配。

○プロ野球選手の妻
あっさり描かれてたけどかあさんの吾郎を見送るシーンは、野球選手の妻の大変さ、桃子さんのしっかりでいて優しいトコなどが上手く表現されていて気に入っている。

○2軍監督は女
出た2ndシーズン裏のセクシー番長:早乙女静香、今まで以上に男臭くなる展開にバランスを加えるキャラではなく、実は想像以上に重要な人物で最後まで色んな事件にからんできます。
髪型を一歩間違えると若き日のかあさんになってしまうので注意が必要だ。

○夢の環境で飼い殺し
これぞ究極のアメとムチ、実際この環境だったらダレるだろうな自分。
セレモニーはおしまい:小型くす玉と言いおちょくりまくってるけど、絵的にどうしても紺のハイソックスが気になってしまう監督。

○vs特待生メンバー
あぁリトルのショートだった前原くんがいるぅ

○次回予告
何やらナメきった相手ですが色々あるのでしょう、吾郎はともかく寿也くんが怒ると面白いのでその辺期待です。

今週のMVP
清水薫:今後の展開を考えると出番減りそうだし、何やら吾郎にかなり積極的になってきたし、両親にも面通ししたし?、りんごとハチミツ恋をしたし、あとは次帰ってきた時結果を出すしかないわな。

今週の敢闘賞
周防監督と乾コーチ:厳しくするのも野球の為、海堂で仕事するのも野球が好きだから、だからこそ良い素質を見て動揺してしまった。そんな想いがしっかり描かれていてオヤジロマン溢れる2人に乾杯。早乙女監督も良いけど来週から出番多そうだしね。

今週のガッカリ大賞
全体を通しての作画と言いたいけど事情が事情だからね(春の新番組が異常に多いから?)
綾音かなぁ、2軍監督の紹介まで含めた回だったので時間が少なかったこともあるけど、もちっと寿也とのマネージャー以外での恋話も見てみたかった。でも恋と言うより寿也に対しては憧れ入ってる気もするけど。

★人気ブログランキング参加中 夢の舞台へかけあがれ!★


| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年4月12日 (水曜日)

セブンイレブンのバナナ

セブンイレブンには何故かバナナが売っている、その他野菜果物は全く無いのにバナナだけがある。

しかもシュークリームやエクレアの近く、恐らく「まるごとバナナ」が配置されるであろうスペースにそれはある。

もしかしてこれは「まるごとバナナ」の身代わりなんだろうか、コンビニは常に売れる商品をマーケティングしているハズなので、きっとバナナも需要があるのだろう。

とか言いつつNESTEAの「杏仁(アンニン)ミルクティー」を恐る恐る買ってみた、やっぱり私はこの薬臭い感じがダメみたいだ、金払って買ったのに罰ゲームみたいだった(^_^);;

★人気ブログランキング参加中 メローイエロー再復刻希望★


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火曜日)

TSUTAYAバイトの質

以前も書いたけど近所にレンタルのツタヤが2軒ある、この前その内の古い方に行った時の話。

レンタルしようと会員証とDVDを渡して待っていたら、フリーターが何故がまた会員証を出せと言ってきた、どうみても数秒前渡したのでよく見ると、フリーターが受け取ってDVDの上に置いたままになっていた。

まぁ目の前だし数秒前の出来事なので気付くだろうと待っていたけど気付かない、まだ出してみてのようなジェスチャーをしていたので、言いたくはなかったけど「DVDの上にあなたが置きましたよ」と教えたら…

「ギャハハー私忘れてたよ、知らんかったギャハハー」とフリーター同士内輪でバカ騒ぎして、こちらは全く無視、それで終わり。

何かおかしいですよね接客と言うより人として、まず第1に人に迷惑(どころか疑い)掛けておいて詫びどころか失礼しましたの言葉、さらに言えば申し訳ない態度すら見せないこと。

また何故そこでバイトとは言え仕事でお金をもらっている責任があるにも関わらず、内輪でバカ騒ぎができるのか、ここまで酷いと勤務態度と言うよりフリーターの人間レベルを疑います。

その場にまとめ役がいればどうにか締まった空気にもなるかと思うのですが、女性ばかり3ー4人で半ばクラブ活動のような雰囲気をその時は強く感じました。

特に女性のフリーターは複数になると徒党を組むので扱いにくいと聞きますが、何も言わない「いい店長」がこのようなクラブ活動的接客を引き起こしてしまうのでしょうか。

あまりに目にあまる態度、当然私も腹が立ちましたので一言注意したら、まるで被害者ヅラをして無言でした。

きっとあの状態では私の「ごく一般的な注意」も、ただのうるさくてヤバイ客として私が店を出た後、彼女達の話のネタになるだけでしょう。

彼女達にとって楽な「良い店長」や、気楽な空気のクラブ活動的業務が心地よいなら勝手にどうぞですが、せめて人に迷惑をかけた時の礼儀や、悲しいかなもっと根本から言えば人に迷惑な状態はどんな時か理解できる知識を、両親に今から教えてもらって社会人になってもらいたいもんです。

最近は社会人1年目は業務を教える前に、礼儀と言うか人としてから教えなければならないらしいですが、礼儀も人に何が迷惑か理解できない(感じ取れない?)蚊トンボには使えない道具ですから。

★人気ブログランキング参加中 TSUTAYA反省してよ★


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月 8日 (土曜日)

メジャー2nd:16天然野球小僧

アニメメジャーセカンドシーズン第16話 天然野球小僧

○この前やっと電話があってね
この後吾郎大好きかあさんと、吾郎のオノロケ電話シーンが来るかと期待したが無いのね。

○海堂は強い
サラッと映像では流してたけど、全国大会1回戦でノーヒットノーランなんですけど凄過ぎ。

○ヘリでやってきた大貫元スカウト
いったい海堂はどんな金持ち私立なんでしょう、ちゃかり島にヘリポートまであるし。

○審判の防具を装着した乾コーチ
あの白目でプロテクター付けると、チェーンソーを装備したジェイソンみたいで恐さ3割増。

○国分くんのバント処理
野球の動作の描き方は変な部分が多いけど、バント処理でセカンドの国分くんがファーストにカバーに入ってたのはちょっと感心。

○吾郎のスタンドプレー
海堂のマニュアル野球を打ち破れーと言いたいトコだけど、実際では絶対レギュラーは取れない選手でしょう、いくら天然野球小僧でも1人じゃ試合できないから。

○俺は今野球を楽しんでるんだ
絶対嫌われるタイプだ、きっと一緒に野球したら迷惑だろう、客として見るなら最高だけど。

○大貫ヘリポートに立つ
どこのお金持ちですか!

○寿也のリードは減点対象
確かに変だ変化球のコントロールがいいなら、ボールの見せ球使わずともコースに投げ分けて打ち取れるのに。

○マニュアルにはまった丸山とはまらない吾郎
比較映像で丸山くんには罪はないけど、彼の伸びのある直球も見てみたかった。吾郎を外野にしたのも今日の話の為の伏線だった訳。

○跳ばされたのか?
辞表書いて辞めた大貫さんにはホント笑えない。けど大貫さんの吾郎への愛情はそんなコトではくじけない。

○国分いいよ国分
彼は海堂のマスコットキャラクターだ、ちびっこキャラだし、まゆ毛太いし、声が可愛いし。

○監督の為に野球やってるんじゃないんだ
正確に言えば違うと思う、やっぱり野球はチームのスポーツだし誰かがコントロールしなければ1個の集団として能力は発揮できない。この場合減点にびびるなと言う意味もあるから全否定はしないけど。

○マニュアル野球の限界
「野球センスはもちろん、その動き顔つき、その全てがマニュアルからは生まれない、見るものを取り込むプレーを自然にできる、ヤツははたぐいにまれな天然野球小僧です」

大貫さんが惚れた吾郎の素質とは、その身体能力がおりなす結果ではなく、人を惹き付ける野球感そのものだった。巨人の長嶋さんも成績はそこそこだったけど今でも人気があるのは、見るものを取り込むプレーを自然にできる、練習したからできるものではない才能があったから。

○寿也足を利用して得点
原作で見たときはスゲーと思ったけど、動いてるの見ると無理が有り過ぎる。

○乾コーチの抜け駆け
目は白いけど見るとこ見てる。吾郎の素質が色々な人を巻き込んでいく状況はワクワクします。
でも本当は周防監督も気が付いていたのかも、だからあえて3回パーフェクトの課題を出したのかも。

○総監督ってどんな人
今はまったく情報不足と言うか不明だけど、意外なんだよねーこれが。

○捕手も取れない直球
今日のありえない大賞、いったい何キロでてんだよ。乾コーチが捕手の代わりすると思ってた実は。

○エンディング
聞けば聞く程ショボイ歌だ、早送りするから聞かなくていいんだけど、誰ですかこんな下手なの使った人は。

○次回予告
夢島編も終わり小休止みたい、清水の愛情たっぷりカレー?より、かあさんの入院の方が気になるよ、またおかさんみたいに逝ってしまうの?

今週のMVP
個人的に国分くんにあげたいけど、やはり今回は乾コーチでしょう。恐い顔してその実ずっと吾郎のような選手を探して特訓を課していたと思うと、野球に対する想いは万人同じだと思うし、きっと周防監督もそうなんだと思う。ただその想いを具現化する手法が違うだけ。

今週の敢闘賞
周防監督:吾郎との対比で海堂野球を明確に表現し判り易かった。現実の野球ならこっちが正統派だし事実海堂は強い訳だから。周防さんの理論がしっかりしてるからこその吾郎なのだ。

今週のガッカリ大賞
選手もコーチも監督も元スカウトも頑張ったので該当者なし、唯一女っ気が無かった部分は来週お腹いっぱい補完できる?

★人気ブログランキング参加中 夢の舞台へかけあがれ!★



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金曜日)

立浪サヨナラ満塁HR

今日絶好調上原から打った立浪が打った、巨人のエースから打った立浪のサヨナラ満塁ホームラン。

正直対戦前の勢いから言えば打ちまくって4連勝中のジャイアンツに、勝ち越してるとはいえ2度抑えの岩瀬が打ち込まれ、アレックス以外殆ど打率が2割以下のドラゴンズ、ヤクルトみたいにホーム3連敗を心配しましたよ。

テレビをつけてみれば上原が快投中で負けてて、今の不調打線なら完封されても文句いえんなーと思ってたら、2三振の福留がパキッと同点弾。

WBCの準決勝のホームランもそうだったけど、彼は忘れた頃に打ちますねしかもかなり貴重なタイミングで、でも同点、今まで中継ぎが打ち込まれ横浜戦の悪夢の同点引き分けや、岩瀬の2度の失敗もあってまだ全然不安だった。

で9回裏井端が上手い流し打ちで出塁ここまでは予想できたけど、まさかウッズがホームランでなくヒット狙いの軽打してくるとは、解説の衣笠も言ってたけど立浪のサヨナラHRも凄いがこのウッズのつなぎを意識したバッティングが1番だと思う。

ウッズの後はアレックスの打球を小久保がエラーして満塁、これはしかたないねボテボテだし。

そして立浪様のストレート一本で狙っていたと言うサヨナラ満塁ホームラン、9回裏1アウト満塁だから投手も当然直球が多くなるのは大体予想がつくけど、判っていてそれをしっかり打つホームランになったのはオマケとしてもその「判っていて決める」集中力はさすがヒット数歴代10位に入っただけあります。

オープン戦終盤で去年立浪とサードを争った森野が骨折して、しばらく競い合いはないから立浪どうかなーと思っていたけどやっぱり凄いわ。

年齢もあって年間通しての活躍はどうかと思うけど、チャンスに回ってきた時は「何とかバットに当ててどうにかしてくれる」、三振しない安心感と言うかバットに当てる技術というか、直球の決め打ちを実践できる集中力から言えばまだまだ立浪は森野の上を行ってると思う。

とにかくこの勝ちは4連勝で抜け出しそうなジャイアンツの勢いを止め、開幕戦から絶好調だった上原を打ち砕き、逆に開幕イマイチ不調だった川上が立ち直り、今まで絶不調だった打線に勢いをつけた意味で3勝くらいの価値がある。

さあ明日はドラゴンズはドミンゴかな、ジャイアンツはオリックスから札束つんでぶっこ抜いてきたパウエルか、もしかして骨折の高橋の代理で元ドラゴンズの野口かな。

★人気ブログランキング参加中 まだまだ頼れる立浪★


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年4月 5日 (水曜日)

ベタだけどやってみたい

昔動物園でサイに乗ってみたかった、ゾウでもなくキリンでもなくサイだった。

でもそれはかなわぬ夢だった動物だっていきなり人間に乗られたら驚くもんね。

てな訳で1度はやってみたいけどあんまりベタな行動なんで、人には言えないなーな想いを書いてみる(実はやってみたことも)とりあえず動物と昆虫編。

○カバにも乗ってみたい、背中が広くて乗り心地が良さそうだから。

○キリンが寝てるところを見てみたい、サファリパークに行けば見れる?

○サルのおやつを横取りしたい、その昔日本モンキーセンター(犬山)で略奪されたから

○トラのおしっこかけられる人を見てみたい、トラ舎前の看板にかけられぬよう注意書きがあるから。

○ボブキャットやカラカルなど大型山猫も、イエネコみたいにニャンニャンと顔を洗うか見てみたい。

○ペンギンのあのプニッとしたおなかをツンツンしてみたい。

○フラミンゴがつい気を抜いて2本足で立つ姿を見てみたい。

○夢を喰うを言われるバクと一晩添い寝してみたい。

○ハリネズミvsハリモグラ

○オオアリクイがアリを腹一杯食べるトコを間近に見てみたい。


○カミキリムシで紙を切ってみたい:実はやったことがあるけど一様切れました。

○アリジゴクにスズメバチを入れて異種格闘技:1度つかまったけど吐き出した(^_^);;
※クモの巣にスズメバチもやったけどクモは強かった。

○田舎のアリを都会に連れていき強さを証明してみる:田舎のアリはでかくて凄く強かった。

○田舎のトンボ(オニヤンマ)を標本にしてみる:ニセモノみたいにでかくて逆に疑われた。

○スズメバチvsアシナガバチ:同種は戦わないみたい。

○取れ立てのハチノコ(スズメバチの幼虫)を食べてみた:運悪くその日ハエの幼虫(サシ)を釣りのエサに使った直後だったので、萎えたけど案外旨かった。

○ゲンゴロウが飛ぶ瞬間を見てみたい:水生昆虫だけど飛ぶらしいこれは未見、ゴキブリはあるけど。

○カマキリを正面からじーっと見てると動きがヘンで飽きない:俺だけか?いやだまされたと思って見てみてよフツフツ面白いから。

何か途中から意味合いが変わってしまったけどまぁいいか、とにかく子供の頃って変なことや、アホらしいことに凄く集中してた気がする、アリジゴクに色んな虫入れて異種格闘技はよくやった。

とりあえずペンギンのお腹とゲンゴロウの飛翔は頑張って挑戦してみたいなぁ。

★人気ブログランキング参加中 クモは結構強いんです★


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月曜日)

純情きらり

ついに始まりました地元愛知県岡崎が舞台の朝の連続ドラマ純情きらり。

ここ数年は視聴率も伸び悩み平均20%を切っているそうですが、きらりもワーストは取らないように頑張って欲しいものです。

私もそうですが、撮影が地元に来たから見る人が多いと思う連続ドラマ、正直おしんも通してみた事が無く、まして1話から見るなんて自分的に郷土愛以外何も無いコレ本音。

方言について書きたいが、何せ普段から使ってる言葉が基本なので耳に馴染み過ぎて聞き分けが不能。

一般的に言われるこの地方の言葉:三河弁は「○○じゃん、○○だらー、○○りん」と聞く。

と言ってもこのあたりは会話の流れなので聞き分けにくいかもしれないが、他府県の人が聞いてもはっきり方言と聞き分けられる場面が1話のラストにありました。

主人公がみそだるに落ちてそれを戸田恵子(名古屋出身)がしかるセリフ

「200人が1年分飲めるみそが わや になったんですよ!」

文脈の流れで何となく意味はお判りと思いますが「わや」とはダメの意で、わやくちゃとも言うし、名古屋弁とくっつければ「わやだでかんわ」ダメになっちゃったわ位の感じ。

上記はあくまで私の記憶と体験にもとづくものなので、100%正解ではないですが、だいたいです。

竹下景子と戸田景子とりあえず地元の2人はでてますが、今後もっと地元の俳優や最近ではお笑い芸人もでてるので、スピードワゴン辺りもちょい役で出ないかなぁ。

しばらく視聴するつもりなので、また何か気がついたら書きます。

あ、でも三河や名古屋の人間が皆、八丁みそ食べてる訳ではないことだけは書いておきますよ。
私もみそ汁は好きでご飯とみそ汁どちらかだけ無人島に持ってけといったら、みそ汁持っていって1週間後に脱水症状で死んでもいいくらい好きですが、みその配分は赤みそ多めだが100%はありえません。きっと辛くて苦いでしょうそれは。

★人気ブログランキング参加中 宮崎あおいは楽しみ★


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土曜日)

メジャー2nd:15ピッチャーの条件

アニメメジャーセカンドシーズン第15話 ピッチャーの条件

○夢島からの手紙
寿也から綾音への手紙だ、もっとノロケかと思いきや寿也だげにただの夢島レポートだった。どうも夢島の極悪な環境と綾音の三つ編みを見ると、表現が変だけど出兵した学徒とその帰りを待つ女学生みたいに見える。

○今日初めて野球部の寮に来ていたことに気が付いた
ほんとにそうだ。

○最後の外野手にも合格しなかったらどうなるの
この数話、視聴者の疑問代弁役として大活躍の国分くん、疑問ある所に国分あり。

○20年前の海堂の4番乾コーチ
まさかこの人もおとさんと関係あるなんて言わないよね。

○周防監督のロングブーツ
あれは地下足袋なのか長靴なのかはたまたブーツなのか、ファッションもまた奇抜なおっさんである。

○推薦されなかったから進化した吾郎
寿也先生の語りだ滲みるねぇ、ただでさえ豪球なのにあんなトレーニングつんだら速くなってあたりまえだ。今まで冷静に海堂節をかましてた周防監督もちょっと驚いた。彼に心変わりさせられる日はくるのか。

○もちろんまだまだ彼は進化する
メジャーの見どころの1つ吾郎の目で見て判る程の進化。それに巻き込まれたり共鳴したりする周りの人、スーパースターになるモノはその人個人より、その影響の方がでかいのだ。

○三宅くん
鼻の頭のホクロが気になります。

○場外ホームランだ清水
えーとソフト専用球場でなければオーバーフェンスはおかしい。普通野球場の3分の2位を使ってやりますから、これが野球場だったら、ソフトの重い球を場外に運んだ清水の腕力はメジャーリーガー級です。

○お前はピッチャーに向いていない
知性と冷静を持ち従順な適正、まぁ高校で肩をすり減らしてプロで潰れる昨今を考えると至極正論、甲子園でもリリーフエースや2枚看板はリアルにあるから。

でも投手5人はやり過ぎ、当然吾郎のピッチャーvsバッターの勝負根性との対決と言うか比較対象だからそれくらいでないとダメなんだけど。

○チームの命運を任す1人のエースはいらん
とは言っても甲子園レベルの選手はエースになりたいから野球留学するんだけどね。はたして今年の選抜優勝校に何人地元の選手がいるやら。

○寿也くんは捕手合格
格好いいよ寿くん、もうキミに言うことは何も無い。反面だんだんキャラが薄くなってる気がする。

○俺も見たいんだよ怪物を
大貫スカウトに続いてもう1人吾郎ファンが増えました、やっぱり白目の乾コーチもただの野球好きオヤジだったのね、でも自分の立場を曲げてでも怪物が見たいと助言する姿は熱くていい感じだ、今後の行動から目が離せないぞ乾さん。

ここで初めてアメリカメジャーに関する話がでてきました、メジャーとタイトルする以上、やっぱり最後はそこなのかな?

○打って走って守れるエースで4番
ついに吾郎究極の目標が語られました、すっげー欲張りと言うかそりゃ超人な気もしますが実現したら確実にスーパースターだ。エースで4番だけなら甲子園とかでよくあるけど。

でも昔の野球選手特に投手は、これに近い活躍する選手もい居たというから、もし現代の分業野球の世界にこんな選手がいたら、選手を見に球場に足を運ぶ人が増えるでしょうね。

○海堂の野球に風穴をあけてやる
とりあえず目の前の目標はコレ、これだけでも大変なんだけど吾郎だったらどうにかしれくれそうな、そんな期待を抱かせるのもスター候補生の素質かも。

○寿也の愛の手書きマニュアル
そりゃ裏山のコンビニでコピーとかだったらイヤだよ、しかしここにきて寿也は親友と言うよりただの便利屋になってきたな、吾郎が破壊王なら寿也は万能皇子だ。

○トランプに興じる丸山くんの姿
ラクダのモモヒキに寅さん腹巻きだよ、いくら田舎の高校生でもこんなやついないよ、誰よこんなファッション描いた人、エライ褒めてつかわす(^_^);;

○でた本当のニセイチロー
今までのインチキ関西弁の三宅がニセイチローなら、草野は本当のニセイチロー?だ。外野守備は打つ瞬間で感じとるイチローより昔、ダイエーの秋山がれを言ってたことを思い出した。

○次回予告
2軍昇格を賭けた終了検定だそうで、またまた周防監督が何か紙を見てアワアワしてました、現在外野の吾郎の投手適正を検定するお願いみたいだけど誰が出したんだろう、やっぱりアノ人かなぁ。


ここ数話は春から始まるアニメが空前の数という影響か、絵に動きが無かったり吾郎やサブキャラ以外の人間が無茶苦茶手抜きのラクガキだったり、かなり作画が荒れていて春以降のクオリティがすごく心配、ロストユニバースのヤシガニは勘弁よ。

どうやら夢島組でのスタメンも投手:吾郎、丸山、寺門 捕手:寿也 内野:三宅、泉、国分 外野:草野とだいたい出そろった(児玉は守備位置不明)、とりあえず丸山くんがまた何かやらかしてくれそうな期待感あり。

今週のMVP
誰が何と言おうと白目の乾コーチ:吾郎ファンクラブNo.2番襲名したし、野球大好きオヤジの本性丸出しなとこもイカス。
きっと大貫スカウト、乾コーチ、もしかして周防監督も含めて吾郎に影響されて一波乱ありそうで楽しみ。

今週の敢闘賞
色々悪いコト書いたけど寿也:彼がいないと吾郎はただ突っ走るだけでゴールに到達しそうにないしね、名選手であり名監督?の寿也に1票。しかし手紙も書いてマニュアルを写し取るとは彼には野球以外にまだ隠れた才能がありそうだ。

次点で視聴者の疑問を先回りして逐一質問してくれる国分くん、選手としての能力は未知数だけど、彼は2代目コモリンを襲名させる器だと思ういやそうしてくれ。

今週のガッカリ大将
今週は皆頑張ってたから該当者なし、確かに丸山くんの寅さんルックは驚いたけど野球とは関係ないもんね。

○やっと
リアルタイム感想4/1に追い付いた、頑張りますのでよろしく。

★人気ブログランキング参加中 夢の舞台へかけあがれ!★


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »