« WBCがもたらすモノ | トップページ | こっちのツタヤは甘いぞ »

2006年3月21日 (火曜日)

WBC優勝:日テレの映像は変だ?

祝!世界一であります日本チーム、でもキューバも一瞬見せた打ち出したら止まらない攻撃もヒヤヒヤしたし、9回1アウトからでもバントで出塁を挑んで来た姿は、やはりアマチュア世界一の底知れぬ強さを感じました。

で中継の映像なんですが、基本的にアメリカのESPNが撮影したものに日本人が解説を付けて、それに日本テレビ独自の映像(撮影)も併せる形でした。

そこで気になったのが優勝決定の瞬間、大塚が三振を取り捕手の里崎と抱き合おうとしたその時、パチッとカメラが切り替わり王監督を一瞬映した映像が入ったんだけど。

あの映像は日本テレビ映像なのかなぁ、何か日本テレビがムリクリ巨人つながりで王さんを入れ込んだ気がして何かヤな感じだった。普通一通りマウンドでワーとなった直後に、ベンチから監督及びコーチがワラワラ来て集団映像だと思うのだけど。

めでたいネタでグチッてもしょうがないのでこれは終わり、中日ファンとしては福留が準決勝vs韓国の決勝2ランに続いて、今日も9回にどーしても欲しいダメ押しタイムリーを打ったのが嬉しい。

あと今日は松中が凄かった打つのもそうだが、良く走った正直あのタッチアップは暴走だと思ったさ。

世界一になったことも素晴らしいけど、その過程をテレビで見られた楽しさ、1点差に追い付かれた時のドキドキ、これがサッカーにはない野球の良いトコロなんでしょう。

何やかんやで大塚もいい抑えだった、ただピンチを切り抜けるだけでなくビシッと抑えていやな空気を変える、タフネスそんな言葉が似合う力強さだった。

気になると言えばベストナインか、ショートがアメリカのジーターって何?、いままでメジャーで実績があるだけでこの大会でなんもしてへんじゃん、しかも最後までWBCのジャマをしてきたヤンキースだし、あ、べつに松井がどうって話は無しよ、だってアレ抜きでも優勝したんだから居なくて正解だったかも。

第1回で優勝、もしWBCがワールドカップみたいに将来なるとすれば、永遠に語り継がれる訳でホント素晴らしい、そして最後に一言言いたい「デービットソンありがとう」と。

★人気ブログランキング参加中 松中の足は速かった★



|

« WBCがもたらすモノ | トップページ | こっちのツタヤは甘いぞ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47333/9189132

この記事へのトラックバック一覧です: WBC優勝:日テレの映像は変だ?:

» WBC日本世界一へ!! [ふなやすさんの数字と戦う生活]
ついに今日決勝戦でした。 相手は世界最強を鬼のように取りまくったキューバ、正直勝てるのか?と思いましたが今回私は韓国戦、アメリカ戦と負けてもぜんせんっぷりを見てると簡単に勝てないまでも負けることはないと思っていましたが・・・ 強い勝ち方で圧勝でした! 初回、キューバ投手陣の自滅とも言える四失点で先制、そのご松坂が先頭打者ホームランを打たれるなどし、最後は一点差に追いつかれますがそこから日本が... [続きを読む]

受信: 2006年3月21日 (火曜日) 午後 10時35分

« WBCがもたらすモノ | トップページ | こっちのツタヤは甘いぞ »