« WBC判定変えについて | トップページ | WBCメキシコは真面目だった »

2006年3月14日 (火曜日)

俺たちのマーボー

マーボー豆腐が好きだー大好きだー愛してるーとてもー

どれくらい好きかと言うと、あきらかにラーメン屋なのにメニューの隅にマーボーがあればマーボーとごはんを頼んでしまう無礼ものな程愛してる。

中華料理屋であきらかに春巻きとシュウマイとチャーハンが売りの店でも、サイドメニュー扱いのマーボーと餃子で済ましてしまうほどラブ。

マーボーなんてどこで食べても同じじゃんと言うアナタ、四川省に足を向けて寝てるでしょ?、ラーメンに塩としょうゆとみそと豚骨があるように、食べ比べるとマーボーにも万里にも劣らない奥深さがあるアルヨ。

まぁ確かに基本は豚肉と豆腐が入ったあんかけ状の料理だけど、店によっては肉の種類や刻み方が違ったり、豆腐が異常に大きかったり、辛みに違う香辛料使ったりして色々味も違うアルヨ。

でも一番のバリエーションは豆腐と肉以外の具ネ、ナスもあるしタケノコもシャッキリで上手いし、北陸で食べたそれには刻んだ海藻が一面にのってグリーン状だったけど意外に旨かったし、海鮮も野菜も何でも来いなのでバリエーションは豊富なんだわさアル。

そうきっと皆さんは比べられる程まだマーボーを食べてないヨロシ、比べるとイロモノ、じゃなくて色々あって美味し楽しいアルアルヨ。

ちなみに今まで食べて一番ショッキングだったマーボーは「餃子の王将」で食べた、作ってから時間が経ってしまいあんかけが「かためるテンプル」(揚げ物油を薬で固めて捨てる堅いジェルみたいなの)のように固まってしまったヤツで、最初見た時、新手の「にこごり」かと思った(^_^);;

また本場四川の麻婆は辛いと言うより酸っぱくてたまに苦くて?、よくわからない木の実がいっぱい入ってて、何故が食後に舌がシビレタと現地に駐留経験のある知人が言ってた。

ゆえに中華料理全般に言えるけど中国家庭料理が中華料理でなく、日本で言う中華料理ってのは日本人の口に合わせた中国料理人の料理と言えると思う。

あ、あとマーボー丼のある店は例外なしで尊敬するね、正直牛丼はあまり好きじゃないけどコレは別格で、マーボー丼定食なんてあったら涙でアルコールランプがいっぱいになるアルネ。

★人気ブログランキング参加中 マーボー麺は邪道と思う★


|

« WBC判定変えについて | トップページ | WBCメキシコは真面目だった »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47333/9093329

この記事へのトラックバック一覧です: 俺たちのマーボー:

« WBC判定変えについて | トップページ | WBCメキシコは真面目だった »