« 立つ黒ヒョウを見たリアクション | トップページ | 今年初めて聞いた声 »

2005年7月 1日 (金曜日)

死んでは殺す15歳について

最近15歳辺りの男子が世間を賑わしてますが、聞けば些細なイタズラや、家でのしつけなどでストレスが溜まった果てと原因付けられてるが、その程度で死んだり殺したりしてたら、私は前科10犯・棺桶10回くらい入ってると思いますヾ(´▽`;)ゝ

人間生まれて思い通りに生きてる人なんていないんだから、2歩進んでは1歩へこんで、進んだ過程よりへこんだ理由の反すうで見えない進化・成長を得るわけで、ストレスはあってあたりまえ逆に全くなければ抵抗力の全くない培養人間ができてしまいます(T_T)

アンタらの時代とは今のオレ達の受ける環境は違うんだよと言う学生さんもいるかと思いますが、時代は変われどそれぞれ問題はあったんです、逆に言わせてもらえば今の学生は楽過ぎです。

学生の数自体減って親類からはこれでもかと小遣いをもらい、受験はラクだし、あと数年すれば大学は誰でも入れ、卒業しても「やりたい仕事」がないとアホなこと言ってフリーターなんて最もらしい名前の「職業」にいすわれる。

仕事は街に溢れています土木の仕事、流通の仕事、農作業、人手が欲しくて困っている業界が多いのに、就職しないって何?、私達の時は第2次ベビーブーム世代で、入りたくてもどこにも募集先(上記業界はもちろん)が無いくらいキツかったのに必死で学科の内容とは違う営業に入らせてもらい色々社会勉強させてもらいました。

私は思います大学はもう名前だけのネバーランド…もとい遊び場と化すのは必然、高校もどっこい、逆に仕事はキツイが若手の欲しい業界は多く伝統文化・芸能の継承者は少ない現代、義務教育終了後は全て就職するようにして、入ってからいずれトップに立つものは「現場たたき上げ」で構成するようにし、最初からヘンなエリートコース路線は作らない、小子高齢化や団塊の世代定年で生産性の低下か懸念される中、15〜22歳までにヘンな猶予期間があるから困った事件がおこる訳で、ヘンに悩む間もなく仕事に没頭すれば良いのではないかと。

とにかく時代がどうとか人の命が軽視されがちとかどうでもいいんです、15〜22歳までに対して甘過ぎるのが全ての日本の問題だと思います。

★人気ブログランキング参加中 夢の舞台へ駆け上がれ★


|

« 立つ黒ヒョウを見たリアクション | トップページ | 今年初めて聞いた声 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです(^^)
またくさなぎさんが怒っていらっしゃる。
でも、腹立つのもうなずけますよ。
我慢がきかなかったり、現状打破するべく工夫が(殺す死ぬじゃなく!)
できない人が増えてしまっている気はしますね。
もうひとつ、辛いことやうまくいかないこと挫折などに遭遇すると
自分を省みずにすぐ誰かのせいにしてしまう人も。
本人に限らず、親や社会や学校全てに問題があるんだと思いますけど…
他の動物は、ちょっとうまくいかないなんて理由で殺したりしないよ。
なんだか悲しくなります。
もちろん、もっとちゃんと精神的強さを持った人のほうが
圧倒的多数とは思いますが、
くさなぎさん案のように、早くから社会や人生に自力で
ぶつかって取り組んでいくようなシステムも必要かもしれませんね。

投稿: ポージィ | 2005年7月 2日 (土曜日) 午前 11時24分

毎度いらっさいませポージィさん

>またくさなぎさんが怒っていらっしゃる。
久しぶりに書いたと思ったらまた怒ってまして怒りん坊星人ですねワタシヾ(´▽`;)ゝ

>我慢がきかなかったり、現状打破するべく工夫が(殺す死ぬじゃなく!)
特に明徳義塾の件はホームページで全てを書いたと犯人は言ってますが、読む限り自分でカベ作ってますから、ありゃ護身用と学校でナイフ持ち歩いてるのといっしょで、やはり悩みは生きた人間に話すべきでしょう。

>親や社会や学校全てに問題があるんだと思いますけど…
学校には限界があると思うが、確かに最近の親は子供のイタズラを超えた軽犯罪に寛容過ぎると言うか、反省も説教もしない開き直りを見せる例もあるそうで、ある意味救いようが無い世界かも

>早くから社会や人生に自力でぶつかって取り組んでいくようなシステム
かなり極論ですが、大学いっても意味がなくなるのは明白な上、変な猶予期間に犯罪を起こす15〜22歳が増えているコトをかんがみると、日本の生産業の衰退の助けにもなりますし、どこかで見当してもらいたい(結構マジです)

投稿: くさなぎ | 2005年7月 2日 (土曜日) 午後 08時10分

「やりたいことが見つからない」と思っていた私は、小さいころからやりたいことがハッキリしている人たちが羨ましかったですよ。
とくに小さいころから学んでないとやれないことをやってる人たちがうらやましかったですよ。

学校ってそんなのを見つける場であっても良いと思うんですが・・・

関係ナイことでスミマセン・・・

投稿: 剛腕さん | 2005年7月 4日 (月曜日) 午前 12時05分

いらっさいませ剛腕さん

義務教育課程がもっと豊かになれば、未来がハッキリする子供も増えるでしょうね。

今現在は程違いますが、小子化が逆にスペシャリストの分母になるようになったら日本も復権するかも。

でも小さい頃からやってないとできないなんてことは、無いと私は感じます。

人生80年老いて尚、チャレンジ精神に富んだ、じいちゃん・ばあちゃんがこれからどんどん増えてくるでしょうし、頼りにされるハズ。

やりたいことは今から始め60くらいで到達すれば、あと20年も悠々自適に楽しめるんですよ( ̄ー ̄)v ブイ!

これからはそんな時代がくるとおもいます、子供には大きすぎる夢を、老人には果てしない自由を(*´▽`*)

※私は宗教家じゃないっすよ、神様は信じない主義だから。

投稿: くさなぎ | 2005年7月 5日 (火曜日) 午後 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47333/4788179

この記事へのトラックバック一覧です: 死んでは殺す15歳について:

« 立つ黒ヒョウを見たリアクション | トップページ | 今年初めて聞いた声 »