« 鉛筆とっきんときん | トップページ | ピーター・ファンデンホーヘンバンド »

2004年8月17日 (火曜日)

星ふる夜はサービスエリアにあり

夏にはご家族で天体観測なんて言うのもオツなものですが、ただ闇くもに明かりの少ない山や草原に向かっては治安の悪い昨今、アライグマに噛まれて狂犬病やら、カミツキガメに小指を持っていかれて水曜スペシャルの川口隊長みたいになってはかないません、まして小さなお子さま及び女性にはお手洗いの問題もございます。

そこで今日私どもがお勧めするのは、「高速道路サービスエリアで天体観測」です。
本来高速道路は、山間部を国民の血税でくぐったり削ったりして建設する手前、夜中軽食屋や店鋪裏に付属する公園などは暗闇で絶好の天体観測ポイントとなるのです。しかもトイレも近ければ抹茶ソフトも食べ放題?(笑)

元高速道路工事現場監督の私が、1週間の工事を雨で3日短縮され4日間徹夜でやった上、殆どサービスエリアに泊まりこんだ時の生々しい現場レポートなのでお客さま満足間違いなしのお勧め商品です。

実際私が工事に疲れ切って深夜1時頃寝転がってみた時は、「星にまったく興味のない自分がなんて愚かだったのだろうと」思える程に星が振りそそいでおり、あれは小学校の遠足で名古屋科学館のプラネタリウムで見たものなどまるで人工(ホントに人工だけど)だとフラッシュバックする程のインパクトがあります(驚)

私は主に山間部を中心に現場監督していたので、一部環境が良かった面もあるかもしれませんが、昼間の渋滞をさけてお出かけになったお父さん、星ふる夜空を見上げて最近会話の減った奥さんと愛を語り合うもよし、ナビが無いおかげで彼女の門限を守れなかったダメ男くんもココで一気に形成逆転を計るもよし、愛の伝導師になること間違いなし(^_^)

またどこか忘れましたが宿泊施設付きのSAもあると聞いたことがある(ダブルがどうかは不明?)のでアフターの用途もバッチリ(謎)

★順位はどうでしょう 1票をお願いします★

|

« 鉛筆とっきんときん | トップページ | ピーター・ファンデンホーヘンバンド »

スポーツ」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47333/1214407

この記事へのトラックバック一覧です: 星ふる夜はサービスエリアにあり:

« 鉛筆とっきんときん | トップページ | ピーター・ファンデンホーヘンバンド »